ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

イームズ・リプロダクト品(偽物・パクリ品)のDAWが我が家に来ました~!DSRとの比較など。

 - ショッピング

   

我が家にイームズ・リプロダクト品のDAWがやってきました。

以前までダイニングでは同じイームズ・リプロダクトのDSRを使っていました。
・・・が、DSRの背もたれ部分が割れてしまい、以前から気になっていたアームチェアに変更したのです。

リプロダクトゆえ、送料税込み4,000円という破格で「イームズ風」が買えちゃいます。
僕ら消費者にしてみたらいい時代になったなぁ・・・って感じですよね。(ハーマンミラーからしたら面白くないと思いますが・・・)

というわけで、気になっていたジェネリックDAWはどうだったのか・・・レビューです!

スポンサーリンク

今回我が家に届いたのは、イームズチェアDAWのリプロダクト品。
要するに「パクリ商品」ですね。

本来のイームズチェアの意匠権が期限切れとなり、いろいろな企業からジェネリックとも言えるアイテムが続々登場しています。

こうしたリプロダクト品は元のデザイナーさんたちは一円も儲からないわけなので、本来は買うべきではないのかもしれません。
※意匠権が切れているということから、こうして似せた商品を販売しても違法ではないと思うんですが、要はモラルの問題かと。

僕なんかは本物のイームズにはおいそれと手を出せません。(高額で)
なので、結局こうしたリプロダクトを利用してしまうのです。

これまで使っていたのは、これまたリプロダクトのDSR。
DSRはダイニング・サイドシェルチェア・Rワイヤーベースの略だそう。

ひじ掛けが無く、足がエッフェルベースと言われている金属製のヤツです。

これも1脚4,000円ぐらいで買ったもの。
2014年中頃から使い始めて、2017年中には背もたれの部分が割れ始めました。

僕が無理によりかかり過ぎたのかなとも思いましたが、同時に買った妻の椅子も同じように割れてきていたので・・・仕様()だったのかもしれませんw

本物のイームズチェアだったらこんなに強度が低くないらしいんですけどね。
我が家でのリプロダクトイームズDSRの耐用年数は約3年と言ったところでした。

DAWはデカい・・・。

さてさて新しくやってきたのはDAW(ダイニング・アームチェア・ウッドベース)です。
アームチェアは肘置きがついているというのが特徴的なんですね。

本当はエッフェルベースのDARが欲しかったんですが・・・DARはどうしても6,000円を超えてきちゃうので・・・より安価だったDAWを選ぶことになりました。
※今回買い替える際のルールとして、「5,000円以内!」っていうのを僕が妻に課してしまったため。まさか自分の首を絞めることになるとは・・・。

本当は前回と同じDSRにするって手もあったんですが、なんとなく新しいものって試してみたくなるじゃないですか。
そういう理由でDAWにしたのです。

・・・が、これ、DSRよりちょっと大きくなる・・・ぐらいの気持ちでいると痛い目みますね。
かなーーーーり大きいからです。

はい、並べたらこれもんです。
でかっ・・・!

イームズシェルチェアのスタイリッシュなフォルムをイメージすると、あまりの大きさにびっくりします。
ちょっと玩具感も強くなるのかな・・・?

肘置きのせいで横からすべりこんで座るということもできなくなるため、ダイニングチェアとして使う場合には余計に置く場所を選ぶ感じです。
その大きさを見た時には「失敗した・・・」と思いましたw

座り心地は上場。

気になる座り心地の方ですが・・・これ、なかなかいいですね!
なんかDSRよりもいいかも。

包み込まれる感があるのかなぁ・・・?
すごくゆったり座れる感じ。

浅く座って寄っかかってもお尻が滑ることもないし・・・肘掛けもなかなか助かります。

そしてこれ・・・背もたれに負荷をかけたとしても、なかなか割れなさそうな気がしませんか。
割れるとしたらどこから割れるんだろう・・・?

はっきりいって、割れさえしなかったら10年でも使う覚悟がありますよ僕は!

カラーリングは微妙。

個人的にはイームズリプロダクト品の欠点はカラーリングにあると思ってます。
白とか黒とかを選ばない限り・・・どことなく安っぽくなりがちなんですよね。

でも前回のDSRのグリーンがすごく良かったんですよ。
なので今回も同じ感じにしようかな~と思ったんですが、

商品ラインナップを見ているとブラウンとかライトグリーンもいいなーなんて思い初めまして。
※ここでもまた「新しいので冒険したい」とか思っちゃったんですね~。

で、ライトグリーンを選択したわけです。

実際に届いたのは上の画像を見てもわかるとおり、なんかミントアイスみたいな色でした。
ポップでカワイイんだけど、グリーンよりはブルーっぽいかなぁ・・・って感じです。

足の付け替えってできないの?

あとですね、どうしてもこのウッドベースの足が気になっちゃって。
これはこれでカワイイんだけど、僕はやっぱりエッフェルベースの方が「イームズ!」って感じがするんですよ。
※リプロダクトだからイームズじゃないんだけど。

そこで・・・これ、足だけ付け替えられないの??って思ったんです。

で、試してみたんですが・・・ダメでした!
微妙に取り付け位置が違うので流用不可です。

同じメーカーのリプロダクトだったらOKとかあったのかなぁ?

なのでまぁ、本物との流用もできないでしょうね。
たまにフリマとかでシェルチェアの足がないヤツとか売ってるんですけど、それをどうやって使える状態にするか?って言ったら、結局は本物の足を揃えないとダメってことかと。

おわりに

というわけで、DAWを買ったよ!って話でした。

僕もいつかはヴィンテージの本物イームズが欲しいので・・・それを買えるように精進あるのみですね。
それまではリプロダクトで我慢我慢・・・。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ