ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

コストコのCocktail Burgers、DIYミニバーガーキットのレビュー!

 - ハンバーガー

   

コストコでずっと気になっていた「Cocktail Burgers」というミニハンバーガー用のキットを買ってきました。
手のひらサイズの小さなハンバーガーが10個作れて、1,500円弱。

当初は「子供の誕生日パーティに・・・」とか思ってたんですが、我慢しきれずに先日開封してしまったのでレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

コストコのCocktail Burgersを作って食べたよ!

箱を開けると、中にはバンズ(ブリオッシュ)が10個、20gのビーフパティが10枚、100gのトマトレリッシュ、そして10本の竹串が入っていました。

バンズは上下にカットされていないので、オーブンで焼いてから自分で半分に切る必要があります。
個人的には断面も焼いた方がおいしいと思うので、ちょっと温まったら包丁でカットして、オーブン(またはフライパン)でカリカリになるまで焼くのがオススメ。

左手にバンズを持って包丁をあて、バンズを回しながら切っていくと切りやすいです。

パティは冷凍のままフライパンへ。
5分ぐらい、ひっくり返したりしながら焼けばOK。

フライパンから上げる直前にチーズをのせてあげれば、チーズがパティをコーティングしたバーガーになります。

そうして出来上がるのが10個のスライダーです。
※手前のバーガーはチーズを乗せました。

スライダーというのはアメリカで手のひらサイズのハンバーガーに名付けられた愛称。
喉を滑り落ちるぐらい小さいからスライダーって呼ぶそうなんですが・・・言ってもこれが喉を滑るってすごいぞ・・・!

食べてみた感想

ハンバーガーはそのまま食べても良し。
付属していたトマトレリッシュを乗せて食べてもよし。

なんかいろいろトッピングを用意しておいて、これを乗せて食べてもよし・・・です。

全部乗せにしてもこんなもん。
小さくて可愛いですね~。

ハンバーガーは具材の乗せ方次第でも味が変わってくる(という噂がある)ので、いろいろ試して見るといいかもしれません。

さて、その味の方ですが・・・これ、普通に美味しいです。
そもそもパティはアンガスビーフですからね!

アンガスビーフってのは・・・まぁ、美味しい牛肉ってことです。
USでもちょっと美味しいお肉のお店だと、だいたいアンガス使ってますよね。
※もっといいお店だと「KOBE BEEF」とかだけど。

僕はハンバーガーもマヨ派なので、クラウンバンズにマヨ塗って食べるのが一番おいしかったです。

オススメはヒールバンズ、パティ、チーズ、レタス、トマト(スライス)、マヨ、クラウン・・・って順ですね。
チーズの上にベーコンとかアボカドスライスを乗せても◎。

4歳になる息子も楽しかったようで・・・いつもより食が進んでいた模様。
やっぱりこうやって自分で作るのって楽しいんですよね。

ちなみに、小さいからって油断していると結構胃袋にガツンときます。
大人でも3つ食べたら十分かな・・・。(サラダとか別に用意しておいたとして。)

我が家では大人が4つずつ、子供が2つで10個を一回で完食しました。

1個あたり150円程度と思うと(マクドナルドのハンバーガーよりも高いので)高額な気がしてしまいますが、”楽しさ代”だと思ったらまた次回買ってもいいかも・・・って思わせられました。

おわりに

というわけで、コストコのミニハンバーガーキット「Cocktail Burger」でした!

次はチリビーンズバーガーとか、タルタル挟んでビッグマック風とかもいいかも。

これ、子供たちのパーティにはもちろんのこと、大人もママ会とかで使えそうですね。
コストコってどうしても「分量が多い」っていうのがネックになりがちなんですが、10個入ってても小さいですし、そもそも冷凍アイテムなので生活に取り入れやすいアイテムと言えるでしょう。

こういうの、USのスーパーではよく見かけるんですけど、なぜか日本だとないんですよ。
なのでコストコで買えるのは本当にありがたいです。まだ試していない方は是非に~。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ