ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

ハッピーセット「オリジナルパーティーゲーム」のUNOをもらってきたよ!マクドナルドのオリジナルカードが熱いっス!

 - こども関連 ,

   

マクドナルドのハッピーセットについてくるおもちゃが、過去最大級に熱いんじゃないかと僕の中で話題です。

今回のハッピーセットでは昔流行ったおもちゃの「マック版リバイバル」といった内容になっています。
第一弾は「人生ゲーム」「ツイスター」「UNO」の3種。
第二弾は「黒ひげ危機一髪」「トランプ」「モノポリー」の3種で・・・もうすでに第二弾が開始されていますね。

僕はモノポリーが欲しかったんですが、マクドナルドに行ったのが第一弾の時期だったので、懐かしさにやられてUNOをゲットしてきちゃいました。

というわけで、マック版UNOの紹介をしたいと思います。

スポンサーリンク

ハッピーセットのUNOが何気にすごかった

ゲットしてきたのはこちら。
いつものマックのおもちゃパッケージに入ったUNOです。

今回のハッピーセットは「オリジナルパーティーゲーム」ということで、従来のUNOにマック的な要素が加えられた内容になっています。

これ、UNOだけじゃなくて、例えば人生ゲームだったら「マクドナルドの店員が店長になる」みたいな人生を歩むゲームなんだとか・・・うおお欲しい。

思っていた以上のクオリティ

マクドナルドのおもちゃといえば、僕の中では「クオリティはそれなり」といった印象がどうしても拭えませんでした。
1999年あたりに出たホットウィールなんかはすごかったんですけどね。
最近のハッピーセットトミカなんて、「ハッピーセットトミカ」であって「トミカ」ではないわけですよ。

でも今回のUNOは話が違います。
これ、本家UNOと変わらない・・・いや、むしろ勝ってるんじゃないか!?って触り心地だったんです。

とはいえ、本家UNOを触ったのなんてもう今から20年近く前の話なので・・・覚えてないですけどね!!

今回のものは紙とプラの中間みたいな、上質なトランプみたいな、そんな印象がありました。

オリジナルな要素

さて、このハッピーセットのうたい文句は「オリジナルパーティーゲーム」ということでしたが、UNOにももちろんオリジナルな要素はありました。

まずはカードにマクドナルドのキャラクターが描かれている点。
懐かしのバーディやハンバーグラー、グリマスがそれぞれドロー2、スキップ、リバースなんかに描かれています。

そして通常カードにはカワイイ癖に顔だけどこか狂気染みているドナルド・マクドナルドが描かれていました。

これだけだと「ただマックキャラの絵を描いただけかい!」となるだけなんですが・・・それだけじゃないんですよ。

なんとオリジナルカードとなる「ハッピーセットボックス」カードがついているんです。
これ、「指名した人とすべてのカードを取りかえる」という、トランプの大富豪でいうところの革命クラスに場をひっくり返す存在のカードなんです。

やばいですね~。
これはもう大人数でやらないとですね!

遊び方の説明書もついている

そして今回とても嬉しかったのは、UNOの正しい遊び方の説明書がついていた点です。

UNOってかなりローカルルールがあるゲームだと思うんですよ。
当時も絶対に説明書がついていたはずなんですが、やっぱり小学生だったし適当に自分たちでルールを追加していっちゃったんでしょうね。

それにドロー4を使うときのダウトルールなんてすっかり忘れていましたし。

家庭内でやるときも「うちの学校ではこうだった」みたいな感じで揉める原因になると思うので、今回の遊び方説明書を「正しいルール」と設定しなおしていくといいんじゃないかと思います。

おわりに

というわけで、ハッピーセットでもらったUNOの紹介でした!
今から大みそかに実家でみんなでやるのが楽しみです。

・・・なんて思ってたら、妻の実家で当時のUNOも発掘されたっていうね。
でも当時のにはハッピーセットボックスついてないですしおすし。

さて、こうなってくるとモノポリーもかなり楽しみです。
妻は人生ゲームが欲しいと言っていたので・・・ハッピーセット2つ追加オーダーだな。。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です