ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

1歳の子供のクリスマスプレゼントはおうち用砂遊び「KINETIC SAND」に決まりました。

 - 遊び・体験 ,

      2018/12/07

kinetic_sand3

義理の両親が、孫へのクリスマスプレゼントをあげたくてあげたくて我慢できず・・・我が家の息子は一か月以上も早くクリスマスプレゼントが貰えてしまいましたw

この調子だとクリスマスにはクリスマスでまた何か買って貰えるんじゃないかコイツは・・・。

さて・・・そんな愛する我が子がゲットしたクリスマスプレゼントは「おうちで遊べるお砂遊びキット」のKINETIC SANDでした。

KINETIC SANDは僕も初めて耳にしたんですが、子供の玩具としてはもちろん、大人がいつまでも触っていたくなるような不思議なお砂です。
1歳の息子が遊んでみた感じのレビュー、いってみますよ~!

スポンサーリンク

KINETIC SANDのレビュー

実は以前トイザらスに行った時に「ディズニーの室内用の砂場キット」みたいなのを見つけていた僕ら。
「あ、クリスマスプレゼントにこんなのいいねー」なんて言っていたんです。

うちの息子は公園の砂場が大好きなんですが、公園の砂場って結局いつでもネットがかかってるわけじゃないし、猫のウンコがどこにあるかわかったもんじゃないわけで・・・手放しでは遊べない状況なんですね。
※僕が子供の頃なんかは平気で遊んでたと思うんですけどねー・・・。

そこで、「室内で遊べる砂場だったらそういった外敵の心配がないんじゃない?」と思ったわけです。

それで「あーちゃん(息子の祖母)がクリスマスプレゼント買ってくれるっていうから、ディズニーの室内お砂場キット買ってもらってくるー」と言って出かけていった妻が、手にして帰ってきたのがこれでした。

kinetic_sand1

キネティーック、サンドー!
ディズニーじゃなかったー!

※ディズニーのお砂場セットは、なんか思うところがあってやめたんだそうです。

上の写真はキネティックサンドのサンドテーブルという商品で、砂場の土台となるものや、シャベル・バケツがついたセット。
遊ぶためには専用の砂をこれとは別で用意する必要があります。

kinetic_sand2

こちらがオフィシャルのキネティックサンド。

さてさてこれ、ただの緑の砂じゃないんです。
大人も無茶苦茶ハマるほどの・・・もうずっと触っていたい感じの、中毒性がある砂。

なんていうか・・・ほわっほわですw

僕の中で一番近いのは、「優しく限界まで伸ばした”ねり消し”」。
ねり消しって伸ばし切った一番最後に「ほわっ」って切れる瞬間があるじゃないですか。その感じのお砂なんです。(わかりづらい)

それでいて普通の砂のようにギュッと固めることも出来るし、砂団子としてそのまま置いておくこともできる。
なんだったら付属品で砂のお城なんかもつくれちゃうわけですよ。

それなのに・・・一度その砂団子を二本の指で持ち上げようとすると、ほわ~っと崩れちゃう。

面での設置なら形を保っていられるんですが、点で支えようとすると自分の重さに耐えられない・・・そんな不思議な砂なんです。

ああもう・・・言葉で説明するのが難しい!!
公式動画があったので貼っておきますね!

キネティックサンドの注意点

一番上の写真の通り、息子もめちゃくちゃ気に入ってるのですが・・・この商品、よくよく見たら「3+」って書いてました。
なので、対象年齢は三歳以上です。

もちろん一歳でも楽しく遊べますが、何かあったとしてもメーカーが対応してくれないであろう点に注意。

僕が危険だと思ったのは、一瞬でも目を離したら食べちゃうんじゃないか?ってところですね。
その辺を気を付けて遊ばせる必要がありそうです。

あと、部屋が絶対砂まみれになるから、下には何かしら(レジャーシートとか)を敷いた方がいいということも補足しておきますw

おわりに

大泉逸郎さんが歌ってらしたように、僕の母も、義理の両親も、孫が可愛くて仕方ないみたいですね~。

しかも、何かを買ってあげたくて仕方がない。
すぐに「何買ってあげようかー?」って言うんですよ。

ありがたいんだけど、1歳の子供はまだ何が欲しいとかないですからね・・・。
僕にホットウィール買ってくれよ!って思っちゃう。()

・・・それはさておき、もしかしたら祖父母は「孫にプレゼントを買う」という行為で脳内にドーパミンがジュワッと溢れているんじゃないでしょうか。
ドーパミンだか何だかはわかりませんが、何か幸せホルモン的なものが。

なぜ、孫の顔を見せてやる事が究極の親孝行なのか?幸せホルモン・オキシトシンとの関係

僕の母なんかは、買ってあげたおもちゃや服がどんなのだったかを、ほとんど覚えてないの。
でも、たぶん買ってあげたという快楽は脳が覚えていて、それをまた体験したくて仕方ないんじゃないかって思うんです。

まるで中毒症状のような感じで。

正直、幸せを感じてくれるなら良かったと思う反面、このまんま脳みそがトコロテンになっちゃうんじゃないかと不安があるのも事実です。(キネティックサンド全然関係ない締めになっちゃった!)

スポンサーリンク

   その他のオススメ記事