ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

グランドビッグマックの味は普通のビッグマックとは明らかに違う!食べたら納得の理由とレビュー。

 - アメリカンなグルメのレビュー , ,

      2019/03/16

グランドビッグマック、食べてきました!
2017年6月7日から期間限定で復活してます。

うちの近所にあるイトーヨーカドーの併設店でもしっかりとラインナップされていたので良かったです。
※これがないと隣の駅まで歩いて行かないといけないので。。。

食べる前から「ただビッグマックが3割り増しになっただけ」と思っている方が多いと思いますが、正直言ってそんな単純なものじゃありませんよこれ。
一つのグランドビッグマックでいろいろと考えさせられました。

というわけで、レビューです。

スポンサーリンク

グランドビッグマックのレビュー

グランドビッグマックは、昨年の4月に登場し、世間を賑わせたあとですぐに消えてしまったという(僕にとっては)伝説のメニューです。
ほんと、行こう行こうと思ってて、食べる前に終わっちゃったんですよね~・・・。

何しろ子供のころから「ハンバーガーと言えばビッグマック」の僕ですよ。
小さいころにお父さんが食べるビッグマックを見ては「お父さんはあんなに大きなはんばーがーを食べられてすごいなぁ」なんて思ってた僕です。

昨年はもうグランドビッグマックを食べられなかったことが悔しくて悔しくて。

この度復活するという情報を得てからは、今日が来るのを心待ちにしていました。

グランドビッグマック、見た目の感想

オーダーすること数十秒・・・ついに念願のグランドビックマックとご対面です。

で・・・でかい。
ビッグマックの1.3倍とは聞いていましたが、1.5倍ぐらいのインパクトがあります。

これは期待が高まりますね。

横から見た時の箱の高さは同じぐらいでした。
ビッグマックは赤地に「100% BEEF」と書いてあるところに、グランドビッグマックは黒地でちょっと落ち着いた印象のコピーが書いてあります。

いやいや、、、どっちかっていうと「より紳士的じゃない食べ物」でしょうに・・・。

というか、最近この手の小洒落たコピー増えましたよね。
特に外資系のサービス業がこぞってやってる感じ。

開けてみると、確かにビッグマックを1.3倍にしたようなボリュームのハンバーガーが出てきました。

なんだろう・・・従来のビッグマックの方が機械的に成型されたようなバンズなせいか、グランドビッグマックのバンズがおいしそうに見えます。

中身の高さもあまり変わらないですね。
グルメバーガーとかだと高さでアイデンティティを出すお店もありますが、なかなかバーガーを横に大きくするお店ってないので逆に新鮮かも。

要するに直径だけが1.3倍ずつになっているということなんですね。

バンズをめくってみると、いつも通りのパサパサしていそうなBEEF 100%パティが顔を表します。
このパティを以ってして「マックは不味い」という人がいますが、僕はこれはこれとして完成していると思うんですよ。
※そりゃパティ単体で食べたらやっぱり美味しくはないですがw

パティの下の層はこんな感じ。
・・・ちょっとレタスやソースが少な目?

下段のパティとチーズのさらに下の層には大量のソースとそこそこのレタスが入っていました。

ただ1.3倍になっただけの味じゃないぞ!

実際に手に持つとこんな感じです。
僕は大人の男にしては手が小さい方ですが、それを差し引いたとしても手に余る大きさと言えるでしょう。

まず持って見た感想としては、非常にバランスが悪い!
横に大きくなった分、重心が取りづらくなっているんですが、ヒールバンズの柔らかさが従来のビッグマックと同じためか、片手で持つと崩れてしまいがち。

両手で持ったとしても、今度は前後にグニャーとなってしまって・・・なかなか食べるのに苦労しますw

ただ、いくら食べづらかったとしても問題は味ですよね!
もし本当にビッグマックが1.3倍になっただけで味が変わらないのであれば、今後はビッグマックを2つ買って0.7個分残せばいいだけですから。(暴論)

一口食べてみると・・・あのソース、パティ、チーズの味・・・うん、同じだ。

・・・でも、「これはビックマック1.3個分だ」と決めつけてしまうのは早計です。

これはあくまで「素材の味が同じ」というだけの話。
「同じ素材を使ったら同じ味ができる」と考えたら大間違いなのです。

二口、三口と食べ進めていくうちに「これは明らかに従来のビッグマックとは違うぞ・・・!」と感じました。

人間は舌だけで味わってるわけじゃない

なかなか表現するのは難しいですが、どことなく一口あたりのボリューム感が違うというか、肉っぽさが強く口の中に感じられた気がしたんですね。

というのも「人間は舌だけではなく五感で食事をしている動物だ」ということが関係しているんじゃないかなと。

たとえば、僕が子供のころの話なんですが、大好きだったお寿司屋さんでおじいちゃんに叱られながら食べたお寿司が「全然味がしなかった」のを覚えています。
普段はとても美味しかったお寿司が、「叱られる」という状況にありながら食べただけで味がしなくなるんですよ・・・!

信じられないという人は想像してみてください。
もし、あなたが最高級のステーキを食べる機会があったとして、落ち着いた雰囲気かつ気兼ねのないようなお店で食べる場合と、汚い公衆便所で食べる場合・・・まったく同じ味わいに感じるでしょうか。

答えは明白ですよね。
同じにはなりませんw

今回、グランドビッグマックを食べる前に、僕はもう目で見て「でかい」と感じてしまいました。
舌の上に乗ったグランドビッグマックがたとえビッグマックと同じものだったとしても、それが違う風に感じられるのは十分あり得ることだと言えるでしょう。

いや、実際に違うものだったのかも

と、ここまで書いておいてなんですが、よくよく見たらバーガー一つに対するレタスの比率、ピクルスの比率、チーズの比率が全然違いましたねw

レタスは明らかに少ないですし、ピクルスなんかバーガーのサイズが1.3倍になってるのにどちらも2枚だし。
チーズに至ってはビッグマックの倍の量が入ってるわけですから。

そりゃ普通に肉感を強く感じたとして、なんらおかしなことではありませんでした。

さらには僕の脳みそがグランドビックマックを見た目で判断して「一口あたりの口に入る量を調節した」可能性もありますので、普段のビッグマックを食べる一口よりも大きな一口でグランドビッグマックを食べていた・・・なんてこともあったかもしれません。
そうなれば口の中でのボリューム感に違いがあったとしても不思議ではないでしょう。

ついでにグランドなセットも行ってきたでー

さて、今回はグランドビッグマックのほかに、グランドセットなるものも登場していました。
これはサイドメニューのサイズが大きくなるというものです。

ポテトも約1.5倍ぐらいの量が入っていたでしょうか。
まぁ・・・こちらは味が変わるとかはないですねw

・・・ただ食べ進める速度が同じだと、どんどん冷めていくので美味しくなくなりそうですが。

ドリンクもこの通り。
右側のが普通のMサイズです。

子供に持たせると、「アメリカのファストフードかよ!」って言いたくなるサイズで楽しかったw

クーポン利用時の注意

さてさて・・・マクドナルドではスマホにアプリを入れておくと、毎回クーポンが使えるので便利です。
我が家では(たかだか10円オフとかだとしても)クーポンを使うのが常習化しています。

今回もグランドビッグマックとグランドセットのクーポンがあったので使ってきました。

ただ、今回用意されていたクーポンには「ビッグマック グランドセット」という名前のものもありまして・・・注意が必要です。
こちらは「グランドビッグマックのセット」ではなくて「ビッグマックにグランドセットが付く」というものでしたので。

ううむ・・・なんとも紛らわしいぜ・・w

おわりに

というわけで、グランドビッグマックのレビューでした。

総評としては、肉感も増すし、あえてグランドビッグマックとして発売する価値のある商品といった感じでした。
ただ、レタスなどとのバランスを考えると、普段食べ慣れている普通のビッグマックの方がやっぱり好きかなーと再認識させられる方も多いのかなとも思わせられましたね。

ちなみに本日からグランドビッグマックと同じバンズ、パティを使って4段重ねとなったギガビッグマックも発売されてました。マジか・・・!
こちらはさらに肉感が増してやばいことになってそうですね・・・。

さすがにボリュームと価格にビビッて、僕は攻められませんでした!!

スポンサーリンク

   その他のオススメ記事