ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

コストコのハイローラー(B.L.T)のレビュー!美味しい食べ方や価格について。

 - テクスメクス・アメリカン

      2018/02/05

我が家が最近コストコに行くと必ず買っているアイテム・・・それは「ハイローラー」です。
これ、登場した当初はそんなに見向きもしていなかったんですが・・・一度食べてから病みつきになりました。

・・・夜食にちょうどいいんですよ、これがまた。(太る)

コストコのハイローラーって何なの?お得なの?ってところを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

コストコのハイローラー

コストコのお惣菜コーナーにどどんと売られているハイローラー(B.L.T)。

一見すると「ラップサンド」とか「ブリトー」みたいな感じに見えますよね。
・・・その通りです。

ただこれ、コストコ通の人に「ラップサンド」とか言うと怒られますからね・・・。
「それはハイローラーだから!」って。

ハイローラーってなに?

じゃあハイローラーってなんぞや??って話なんですが・・・結局のところはラップサンドだと思います。
ラップサンドの商品名がハイローラー、みたいな。

一応商品的にはハイローラーブレッドという薄いパンにトマト、ベーコン、マヨ、レタス、チーズなんかを巻いたものです。
要はフラワートルティーヤ(みたいなもの)で巻いたB.L.Tサンドということですね。

ハイローラーという名称は、カジノで高額をかけて遊ぶ人のことをそう呼ぶため、そこにかけたネーミングなのかな~?と思ったんですが・・・よく見ると商品名は「HYE ROLLER」って書いてあるんですよ。

Highならわかるけど、HYEは聞いたことがないです。
スラングで「Have You Ever」の略とか、アルメニア語で「High」を表しているとか、いろいろな説がありますが・・・どれが正しいのかは結局のところわからず。

まぁ、美味しければ細かいこと気にしなくていいですよね!

ハイローラーの食べ方

さて、このハイローラー。
B.L.Tサンドなのであれば、このまま手で取って食べればOKです。

ベーコンは本来生でもいけるもんですしね。

・・・が!
我が家では最強の食べ方を見つけました。

それは「ハイローラーを焼く」という方法です。

フライパンにハイローラーをのっけて焼いていくだけ。

片面に焼き目がついたらひっくり返して・・・

チーズが良い感じにとけたら完成。
香ばしさも増しますし、これが本当に最高です。

レタスが焼けちゃうのだけがちょっと残念ですけどね。

焼くときのポイントは「何度もひっくり返さないこと」。
返しているうちにトルティーヤ部分が剥がれてきちゃうので、なるべくなら一回裏返して焼き目をつけたらお皿に盛る・・・という感じがベターです。

そこそこのボリュームで1個あたり71円ちょっと

ハイローラーを初めて売り場で観た時には「おいしそうだけど・・・1,000円もしてるのかー・・・」と躊躇するかもしれません。

ただこれ、998円で14個入りなので・・・1個あたり71.29円ですからね。
そう思うと、3つで214円ぐらい。

コンビニで下手なサンドイッチを買うよりも安上がりで、満足感の高いB.L.Tサンドが買えるということになるんです。

そこに気づいてからというもの・・・妻との晩酌の時に「なんかコンビニに買いに行く?」みたいな流れで買っていたツマミがハイローラーに置き換わるようになりました。
一度に食べきれずとも冷凍しておけば「焼いて食べる派」の僕らには問題ありません。

おわりに

というわけで、ハイローラーのレビューでした。

今後の目標としては、これを自分たちで作ってみることですね。

B.L.Tサンド自体は結構簡単に美味しいものが作れるんですよ。
カリカリに焼いたベーコン、レタス、トマトをバターを塗ったパンにマヨを乗せてから挟むだけ。

ってことはその「パン」をフラワートルティーヤに置き換えてみたらいいんじゃないかなと考えています。

ただまぁ・・・フラワートルティーヤとかベーコンとかを個別に用意すると思ったら、結局はハイローラーを買った方が安上がりかつ手間がないという事に成りかねませんが・・・。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です