ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

朝マックのソーセージエッグマフィンがいかに素晴らしいか、ビッグブレックファストをオーダーして知る

みんなー!
朝マックは好きかーーーい!?

僕は何気に朝マック大好きなんですよ!
なんかねえ、海外の朝みたいな感覚を日本で手軽に味わえる素敵な空間だと思っています。

で、朝マックで好きなメニューと言えば・・・もうね、ソーセージエッグマフィン一択。
もともとエッグベネディクトから着想を得たというあのサンドイッチ・・・朝しか食べられないという点も後押しして、僕の中ではややプレミアムな存在になっているわけです。

・・・が、まぁ朝から食べるにはちょっとジャンキーすぎる部分もあるんですよ。
40歳を超えた初老にとっては少し重いといいますか・・・(いやいけるけどもね?)

そこで・・・先日朝マックに訪れた際に違うメニューに浮気をしたのであります。

スポンサーリンク

ビッグブレックファストの「どこがビッグやねん」感・・・

オーダーしたのはこちら。
ビッグブレックファストセット(500円)です。

朝のホットケーキと同じパッケージでの提供。
箱についているタグのどこを折るかで中身を判断することが可能。(余談)

中身はこんなん。
イングリッシュマフィンが2枚(というか1個のマフィンを2つに割ったもの)、スクランブルエッグ、ソーセージパティ。

これにハッシュドポテトとドリンクM、あとは塩コショウとジャムがついて500円なのです。

悲しくて涙が出そうになってきた

わかっていたことではありますが、ビッグブレックファストは「ソーセージマフィン(110円)」を分解したものがベースになっています。
そこからチーズを抜いて、その代わりにスクランブルエッグが添えられているという商品なんですね。

これをレストランよろしく「フォークとナイフで楽しむ」というのが商品のコンセプトになっているのです。
間違ってもマフィンでソーセージパティを挟んで食べる・・・などということをしてはいけません。。。(だったらソーセージマフィンをオーダーすべき!!!!!)

そこで僕も優雅にこのソーセージパティにフォークとナイフを刺したわけなのですが・・・

なんだか虚しくて、悲しくて・・・涙がでそうになりました。

なんなんだろうこれ。
商品開発担当の方は、いったいどうしたかったんだろう。
・・・誰がターゲットなんだろう。

薄たいマクドナルドのパティをナイフで切って食べることがいかに惨めなことか。。。

残念ながら僕は途中で食事が楽しくなくなってしまって、結局マフィンにソーセージパティを挟んで平らげてしまいました。

どうしてこんなにも高額なのか

この内容で500円というのは破格です。
普通に外食をして500円で済むなんて・・・もしあなたが外食産業に携わっている人でないのなら特に、考えてみてください。
どうやったら採算がとれるのかを。。。

ただ・・・マクドナルドに関しては、特に朝マックにおいては「500円」というのは一つの大きな壁でして。
やっぱりちょっと高額に感じてしまうのです。

なんだったら僕の愛してやまない「ソーセージエッグマフィン」のセットなら450円なんですよ。

数式で表すなら、
ビッグブレックファストセット(500円)-ソーセージエッグマフィンセット(450円)= 50円
となるわけで・・・

ソーセージエッグマフィンセットを分解して考えると、
(スクランブルエッグ+塩コショウ+ジャム) – (目玉焼き+チーズ) = 50円
になります。

スクランブルエッグを作る手間賃を勝手にチーズと相殺したとして・・・

これらが50円!?
ぐぬぬ。。。。

しかもあれよ・・・マクドナルドのモバイルクーポンを使ったらこの日のソーセージエッグマフィンセットは450円⇒350円だったからね。。。

おわりに

なので僕は今後二度とビッグブレックファストセットをオーダーすることはないだろうと心に誓ったのでありました。

誤解のないように言っておくと「ビッグブレックファストがダメ」って言いたいんじゃないんです。
「ソーセージエッグマフィンってすごない!?」ってことなんですよ。

ビッグブレックファストだって、美味しいか美味しくないか?と言われたら美味しいですし。
(もちろんソーセージエッグマフィンの方が美味しいけれども)

ただなんか・・・すごく虚しさがね、こみ上げてきてしまうというか。
「おれ・・・朝からマクドナルドで何やってんだろう」っていう気持ちが芽生えてしまうというか。。。

なので今後もソーセージエッグマフィン(またはメガマフィン)様にお世話になることになりそうです。

   
スポンサーリンク