ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

ヤフオク!で偽ブランド出品を見つけたので違反申告してみた結果・・・

フェイク、コピー品、偽物・・・。
先日、フェンダー社のギターの偽物を製造販売したとして、美容師の男性が書類送検されるという事件がありました。

商標法違反とのことで、フェンダー社からの忠告やアカウントの削除があっても懲りずに販売を続けていたことからこのような処置となったそう。

ふーん。

でもさー、きっと普段からヤフオク!とかを見ている人なら疑問に思ってるんじゃないかと思うんですよ。

いや普通に偽物ゴロゴロ転がってんじゃん

って。

どうしてこの男性はアカンくて、ヤフオク!とかでは未だに偽物が売り続けられているのでしょうか??
その辺ちょっとまとめました。

スポンサーリンク

偽ブランド品を売ったらタイーホなのか?

僕は法律の専門家ではないので詳しいことはわかりませんが、商標権の侵害というのはつまり

他社が権利を持っている商標を、権利をもっていない第三者が勝手に商品などに使用し、販売した場合

に認められるそう。

商標権の侵害は非親告罪らしいので、検察が「やっとくか」となれば起訴されることになります。

そうなると、フェンダー社またはギブソン社などの商標を使った偽物をヤフオク!等で売れば、ただちに逮捕になってもおかしくない気がしますよね。
でもそういうわけでもないのです。

商標権の侵害は「業として使用」するか否かが関わってくる(らしい)

現在の日本における商標法が適用されるかどうかというのは、その商品を扱う人がそれを業・・・つまり商売としてやっているのかどうか?というのがポイントになってくるそうです。

たとえば偽物とわかってて買う、所持するという行為があったとしても、それが「個人での使用が目的である」と認められれば罪に問われることはないということ。

これは販売に関してもそうで、たまたま所持していた偽ブランド品が不要になって、1回や2回販売したぐらいでは商標権を侵害したことにはならないんだそうです。
なーんかおかしいぞ!って思うけどね。

ん?ということは・・・

ルイヴィトンの手帳カバー(モノグラム・アジェンダ)の真贋不明品

↑僕がこれ(真贋不明品)を販売したとしても罪に問われることはないのか。

罪かどうかとヤフオク!出品はまた別なんだけどね。

ただ、ヤフオク!には「出品禁止物」として

  1. 30. 著作権、商標権、パブリシティー権などを侵害する商品
    1. (1) 偽ブランド、真贋(しんがん)が不明であることを示唆している商品、無断複製した音楽CDや映画、ゲームソフト、コンピューターソフト、書籍、海賊版、テレビを録画したもの、あるいはそれらを記録した電子機器など

というガイドラインが決められているのです。

フェンダーやギブソンの偽物は、たとえそれが「商標権の侵害」にはならずとも、「偽ブランド、真贋(しんがん)が不明であることを示唆している商品」には当てはまるので、本来はヤフオク!には出品できないはずなんですよ。

これはフェンダーのロゴだけを隠して「F社のロゴを貼ってますがF社の製品ではありません」みたいな記述をしたからって逃げられるようなものではない(はず)です。

試しに通報してみた

そこで・・・試しに一つ、明らかに偽物を出品している人がいたので、ヤフオク!の商品ページにある「違反商品の申告」から通報してみました。

誤解のないように言っておくと、僕はその出品者さんに恨みがあるわけでもないし、正義感を振りかざしてやろうみたいな想いも全くなく・・・ただ興味本位で通報させて頂きました。スミマセン。(通報っつーか「チクリ」ね。)

ヤフオクからは「ご申告いただきありがとうございました。」とのことで、「Yahoo! JAPAN・パトロールチームでガイドラインに照らしてチェックし、削除等の措置に相当するかを慎重に判断させていただきます。」という案内を頂きました。

ふんふん。

ただ、「なお、ご申告いただいたことにより削除をお約束するものではありません。」とのことで、違反品だったとしてもYahoo!のパトロールチームが「ま、いいでしょ!」となればそのまま継続・・・ってことみたいです。

結果、僕が申告した商品は削除されることもなく、普通に落札されていきました。

おわりに

まぁ、そういうわけなので、きっとヤフオク!側の出品ガイドラインもそこまで厳しいものではなく、現状では偽物を出品したとしてもあまりに露骨なものでない限りは取り下げられるようなことがないのではないのかもしれませんね。

だからと言って「偽物をヤフオク!で売ろうぜ!!」という話ではないですが。

というか・・・「偽物です」って宣言しているヤツですら申告によって削除されないのであれば、「本物を装った偽物」なんかは確実にスルーされてるんじゃないかなぁ?
件の美容師さんが30本近くも売りぬいていたのがその証拠ですかねえ。

そう思うと、ヤフオク!でブランドアイテムなんて買うもんじゃない・・・っていうか、自分で真贋の判断が付かないうちは「偽物だとしてもまぁいっか」ぐらいの気持ちがなければ入札すべきじゃないのかもしれません。

※メルカリなんかは偽物出品がすぐ消されるイメージがあるんですけどね。

   

 -

   

スポンサーリンク