ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジン(火曜・金曜更新予定)

もしも宗教がなかったら・・・?僕らは果たして本当に無宗教なのだろうか

 -

   

先日息子に「オーマイゴッドってなに」と言われ、「アメリカ人は神様を信じてて~・・・」みたいな説明をつらつらしていた僕。
※妻には「別に『神様~』なんて言ってないでしょ」とツッコミをくらいました。

あれ?じゃあ僕らは神様を信じてないの?
・・・という疑問がふつふつとw

僕はずっと「宗教」というものが嫌いで、否定的な気持ちを持っていたんですよ。
なんか・・・「教典なんぞに人生を委ねよって・・・!!自分の信念ないのかよ!?」みたいな、そういう目線で見てました。

でも・・・実は「無宗教」と主張する人にも宗教観というのは根付いていて、それが現代社会の秩序を保つために必要な概念だったんじゃないか!?という考えに至ったのです。

ちょっと思ったことをまとめてみましたので、宗教を否定している人はちょっと考えてみて!

スポンサーリンク

もし、宗教がなかったら人はもっと野蛮だったかもしれない

もし宗教がなかったら?というのは「もしもボックス」でもない限りは確認することができません。
でも・・・もしも宗教がなかったら、人間はもっと野蛮だったのではないかと思うのです。

野蛮というか残忍というか。

人間と動物の違いの一つに「理性」っていうのがあるじゃないですか。
要は「なぜ人を殺してはいけないのか?」という理由を考えた時に「殺された人がかわいそう」とか「その関係者が悲しむから」とかっていうやつ。

こういうのを考えられるのは人間の・・・というか、宗教観のある人間に与えられた権利なんですよ。(たぶん)

たとえば虫にはそういう感覚ってないですよね。
種の保存のために命を犠牲にすることを厭わないですし。(カマキリのメスがオスを食べたりとか。)

宗教がなかったら、人間もそうだったかもしれないわけです。

現に近世まで食人をしていた種族もいる

というのも、世界では古くから人間を食糧とする行為というのが各地で行われていました。
それは緊急性を要する事態かそうでないかに関わらずです。

なのでその時点では決して「人が人を食べること」がタブーではなかったわけですね。

食糧危機などでやむを得ず・・・という事態を含めれば、ここ100年内にもそういうことが起きています。
気になる人は「カニバリズム」とか「人食い」とかで検索してみてください。

ではなぜ僕らはそれをタブーとしているのか!?
それはきっと、幼い頃から「それはダメなことだよ」と教えられたからではないでしょうか。

心の底に根付いた宗教観

おそらく!
僕は子供の頃から「悪い事をした人は死んだあとで地獄に行く」というような教えを刷り込まれてきました。

それは日本の昔話とか、親や先生の教えから、徐々に、じっくりと。
死後の世界の話っていうのは、いわゆる「仏教」ですよね。

宗教を毛嫌いする人ならば、これを「洗脳」と感じるかもしれません。
まぁ・・・幼い子に「死後」などという不確定な情報を教え込んでいるわけですから洗脳に違いないんですけどもw

結果、なんとなく「悪い事はしちゃダメなんだ」っていう風に育つわけですよ。

つまり心の底にこういった宗教観が根付いているからこそ、僕らは人間として理性を持って生きていられるのではないかと。
こういう教育を受けなかった子ならば、もしかしたら「悪い事がなぜいけないのか?」というところに辿り着けない可能性だってあるのかもしれません。

なぜ宗教は必要だったのか

ではなぜそういう宗教観というものが必要だったのかというと・・・集団で生活するのに便利だったから、だと思うんです。

集団の中で和を乱すヤツって・・・ちょっと邪魔だったりするでしょ?
それが「独特の世界観を持っている」ぐらいだったら可愛いけど、たとえば平和で暮らしている人達の中に無法者が一人入ってきたら厄介だっていうのは想像に難くないでしょう。

きっと、そういうのを減らすために宗教を根付かせたんじゃないですかね。
「みんなでいいことして、死んだあとも幸せになろうぜ!」「ウソつきは閻魔様に舌抜いてもらおうぜ」みたいな。相互監視システム的な。

これは何も仏教に限らずで・・・きっと他の宗教もそういうところがベースにあるんじゃないかしら?(ワイの妄想に過ぎんけど)

おわりに

そういうわけで、きっと宗教って役に立つものとして生まれたわけで、毛嫌いするようなものではない・・・というか、僕ら「無宗教の日本人」にとっても心に一本立っている「何か」みたいなもの・・・それが宗教なんじゃないか!?というようなお話でした。

まぁ、もちろん良い方向だけではなく、何か政治的なことに利用するために作られた宗教っていうのもあると思ってます。何とは言わないけど。
カルトなヤツってのは気持ち悪いですしね、やっぱ宗教全般を指して「良し悪し」を決めることはできないですが。

何かを信仰するということそのものが気持ち悪いのではないんですきっと。

ちなみに海外(特にUS)では日本人が「無宗教です」とかいうと相当驚かれるみたいですね。
きっと日本人が思う無宗教と、彼らが思う無宗教はまたちょっと違ったニュアンスなんだろうなぁ。

追記

などなど考えて「宗教の起源」について調べ始めたら・・・なんかすっごい沼にハマっていきそうで。。。

簡単に語れるような話題じゃなかったっすな!

   

 -

   

スポンサーリンク