ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジン

僕は神代利世(かみしろりぜ)たん!東京喰種(トーキョーグール)

 -

      2022/04/01

友人が

「面白いから読んでみて!」

と全巻貸してくれた東京喰種。

確かに面白すぎて、一日で全部読んじゃって、
寝不足で妻に怒られるという定期パターンをやらかしたわけですが、

あれですね、

神代利世たん、いいですね。

正直、第一話で

「超美人なおにゃのこが来るぜェ―ッ!」

みたいなフリで出てきた時の

画像は「東京喰種」より

これにはビックリしましたけどね!

お世辞にも美人とは言えなかった利世たんが、5巻の表紙では

これもんですからね。

というか、あとあとでアニメの存在を知って、
アニメバージョンの利世たんが一番美しかったのだけれど。

画像は「東京喰種」より

こんな顔して

「こっちは全ッ然喰いたりねェっつの」

なんていっちゃうわけですからね。
大食漢の女性大好きです。

東京喰種ってどんな漫画?

さて、ながながと利世たんの魅力を書き綴ってきましたが、
そもそも東京喰種を知らない人のために、簡単なあらすじを。

舞台は、人間の上位捕食者である「喰種(グール)」がいる日本。

主人公の金木クンはひょんな事から事故に巻き込まれて、
緊急搬送された先で受けた手術によって移植された臓器が喰種の臓器だった。

その日から半人間、半喰種になってしまった金木クンの葛藤と、
人間社会で生きようとする喰種たち、人間社会に君臨しようとする喰種たちの対立が描かれた漫画です。

東京喰種は14巻で一区切りになっていますが、そこで完結はしておらず、:Reという新シリーズに続いています。

途中で金木クンが覚醒するんですが、
そのあたりを境に漫画の方向性も少し変わるような感じがあって、
妻はそこらへんで飽きてしまいました。

(あと、そこらへんがすっごいグロいってのがあって、見てられなかったのかも。)

ちなみに、その金木クンに取り込まれた喰種ってのが、利世たんなわけなんです。

利世たん以外のキャラも好き

他の面白い漫画同様、やっぱりこの漫画もキャラがすっごい立ってますね。

金木クンを取り巻くグールの面々が得にいいです。

西尾先輩とか、月山とか。
ヨモさんとか、ウタくんとか。

敵だったら、ナキとか。

西尾先輩は、キャラが立っているというよりは、
なんか愛すべきキャラって感じというか。

最初に金木クンと対峙した時の、あの残虐っぷりからすると、

14巻に出てくる西尾先輩は

「誰だオマエ・・・」

って言いたくなりますw

つーか、作画的にもクッソきもい西尾錦になっていましたw
あーそういえば、1巻の登場シーンの西尾先輩もなんかそこらへんのオバサンっぽい感じの作画だったな・・・。

伏線の回収は終わってねえ!

そんな東京グール、

前述の通り、まだまだ伏線残しまくりの状態で新章に入っています。

作中圧倒的な力を見せる利世たんも、
いったい何者なのか、どこからきて、どこへ行くのか
14巻まででは解決しませんでした。

あとは隻眼の王=隻眼の梟なのかどうか!?みたいなとことか。

東京喰種:Reでそのあたりを回収していってくれるんでしょうけど、
僕はまだ1巻しか読めてません。

:Reに期待を込めて☆5です!

作者がグールなんじゃないかって程リアル。東京喰種の食事シーンの描写がキモイ。

   

 -

      2022/04/01

スポンサーリンク