ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

作者がグールなんじゃないかって程リアル。東京喰種の食事シーンの描写がキモイ。

 - 漫画 , ,

      2016/07/28

guru-3

ジャンプ+を楽しく読ませて頂いています。

ここ数日、東京喰種が第1話から毎日連載されていて、30話まで公開してくれるそうです。
未読の人はチャンス。

無印の方は一通り読んだんですが、改めて最初から読むとやっぱり面白いですね。
特に西尾パイセンが出てきたらへん、何ッ回読んでもゾクゾクしちゃうの。レロォ

でも無印のラスト、14巻でのこの人めちゃくちゃキモイ感じになってましたけどねw
Re:でまたカッコ良くなってて良かったけども。

そんな東京喰種、よくよく読んでたら「グールの食」に関する描写がなかなか生々しく、
これ、石田スイ先生か編集者の誰かがグールなんじゃないかと思えてきました。

スポンサーリンク

 作者がグールなんじゃないかっていう食事シーン

グールとヒトは体内の酵素の違いによって、同じ食事で栄養を得る事ができません。
これはテレビでグール研究科の先生が言ってました。

グールはヒト以外から栄養を摂取できません。

それ以上に、舌のつくりが違う為、食べ物がメチャクチャ不味く感じるんだそうです。

サラダは青っぽく、肉や魚も生臭く感じるらしい

グール以上にグールを知っているというオヅラ先生ですが、
それを聞いたカネキ君は気が気じゃないわけです。

だって、当たってるから。

そこでカネキ君が食事をするシーンを見てみると、

guru-1

味噌汁は濁った機械油みたいで飲めたもんじゃない・・・

豆腐の食感は動物の脂肪を練り固めたような気分の悪さだし

白米は口の中で糊でもこねてるみたいだ

すごい。
機械油を飲んだことも、糊を口の中でこねたこともありませんが、
なんとなく想像できるw

そりゃー不味いよ・・・。

カネキ君は半分グールになってるわけだから、そりゃ咄嗟にこんな表現が出来るとして、
こんな表現を思いつく石田先生はやっぱりグールなのかもしれないです。

豆腐の食感を”動物の脂肪を練り固めた”って、どうやったらこんなキモイ食感を思いつくんだろう。。

さらに、ビッグボーイならぬビッグガールのハンバーグを食べた時のカネキ君、

guru-2

豚の内臓を舐めてるみたいだッ!!!

豚の内臓を舐めたことあるんかい!!!!

ないけども!
僕はないけども、でもなんとなく気持ち悪いのはわかる感じでした。

おわりに

というわけで、こんなリアルな描写が楽しめる東京喰種、いまさらですがオススメです。
ただ、途中でカネキ君が覚醒するあたり、めちゃくちゃグロいので注意が必要ですが。

どれぐらいグロいって、綾辻行人先生の「殺人鬼」を初めて読んだ時に感じたグロさです。
※殺人鬼は「どんな綺麗な叙述トリックで僕を騙してくれるんだろう」とワクワクしていたファンを奈落の底に落とした小説です。
余談ですが、それまで大好きだった綾辻先生が大嫌いになりましたw

そういう描写にさえ嫌悪感がなければ、人間とグールの共生といったテーマの深さを十分に楽しめる作品です。
特に1巻で西尾パイセンをうざいと思った人は絶対14巻まで読んだ方がいい。

あとはリゼたんの美しさを知った方がいい。
そんな作品です。

[参考]僕は神代利世(かみしろりぜ)たん!東京喰種(トーキョーグール)| がべのWP練習帳

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です