ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

とんかつ濱かつでヒレかつとチキンかつのランチを食べてきたかつ。(かつのゲシュタルト崩壊)

 - その他グルメレビュー

   

先日はじめて、とんかつの「濱かつ(浜勝)」さんに行ってきました。

母や弟から「良かったよ!」という話を何度か聞いていたので気になっていたお店です。

結論からいうと「安い!うまい!」って感じだったので、また行きたいお店となりました。
そんな「濱かつでランチをしてきたよー」レビューです。

スポンサーリンク

濱かつでランチしてきたよ

この日、ちょっとした用事があって訪れたショッピングモールにてランチに選んだのが「とんかつ濱かつ」でした。

とんかつ濱かつって、店名で思いっきり韻を踏んでいる感じがすごく言いづらいなぁ・・・と思っていたんですが、元々の店名は「浜かつ」だけだったみたいですね。
そこから「浜勝」を経て2016年に「とんかつ濱かつ」というブランド名になったんだとか。

創業は昭和37年の長崎で、リンガーハットが運営するとんかつ専門店なんだそう。

へえーへえー!

よく知らないままに店内に入り、渡されたメニューを見ると・・・なんだか安いぞ!!
とんかつなどの”かつ”が乗った定食メニューが690円+税から用意されてます。

これって競合のお弁当価格なんじゃ・・・?

さっそく僕は「ヒレかつとチキンかつランチ(850円+税)」をオーダーし、料理が来るのを待ちました。

※ちなみにフラッグシップメニューは「濱かつランチ(750円+税)」で、これのアップグレード版がヒレかつとチキンかつランチということになります。
※また+100円でご飯をとろろご飯にできるというオプションもありました。

ゴマをすりすりしながら待つよ!

メニューをオーダーしてしばらくすると、店員さんがゴマのすり鉢を持ってきてくれました。
ここに卓上に設置してあるゴマを入れまして、すりこぎでゴリゴリとすっていくわけです。

で、とんかつソースとあえて、オリジナルのゴマ風味ソースを作る・・・というスタイル。

僕はこれ、初めて出会ったのが「さぼてん」だったんですよ。
あの時はめちゃくちゃ感動したんですが・・・さぼてんの創業が昭和41年だったのを考えると、、、もしかしたら濱かつが先にやってた手法だったのかなこれ??

まぁ、いずれにせよ「良いものはどんどん採用する」という大手のやり方・・・僕は大好きです。

ちなみに濱かつではいろいろなところで選択肢が用意されています。
たとえばソースひとつとっても、卓上に2種類置いてあって、どちらかを選ぶことになるのです。

僕らの卓では「秘伝」と「辛口」がありました。
※隣の卓では「野菜」みたいなヤツがあったので・・・何種類かあるのかも。

ドレッシングも2種類から選べましたし、ご飯も白飯か麦飯かという選択肢が。
挙句にはお味噌汁も「赤味噌か白味噌か」と言われる始末。

ある意味「ホスピタリティ」であって、一人ひとりに合った食事スタイルの提供が出来ているわけなんですが・・・個人的にはソースとかドレッシングはもう決め打ちで良かったんじゃないかなー・・・とも思います。
特にソースなんかはこだわっているはずだろうし。

それとも「うちはケチャップで食べたいと言われたらケチャップも出すんでい!!」っていうスタンスなのかなぁ?(ない)

1,000円しないでこれが食べられるんだぜ?

とかなんとか考えている間に料理が到着。
定食にはメインとなる”かつ”のほか、サラダ、おしんこ、ご飯、お味噌汁がついてきます。

サラダは卓上にあったドレッシングより「新鮮野菜と黒酢で作った 生ドレッシング」をかけて頂きました。
もう一つは「カロリー40%OFF 和風ドレッシング」でした。

このドレッシング・・・なかなかいけるやん!!!って感じで、サラダがペロリといけちゃいます。
ちなみにサラダ・・・というかキャベツの千切りはおかわり自由。

こういうサービスもさぼてんで受けて感動したんですけど・・・どこもやってるんですねえw

ご飯は黒米入り麦ごはんを選択。
もうこれだけで美味しそうですよね・・・!

麦ごはんは苦手という方もいるのかもしれませんが、とんかつみたいに味がしっかりしたおかずのお供にはちょうどいいと思います。

これもおかわり自由。
ただねえ・・・おかわりって分量が難しそうで、どっちかっていうと「大盛り」にさせてくれた方がありがたかったかなぁ。

ヒレカツはこんな感じでした。
妻がロースかつの「濱かつランチ」をオーダーしていたので食べ比べましたが・・・100円プラスしてでも僕はこっちの方がいいかな!

でもそれよりも何気に感動したのはもう一つの”かつ”である「チキンかつ」!!

チキンカツと侮るなかれ・・・って感じで、すごく柔らかくて美味しかったです。

”かつ”の全体容量はそこまで大きいわけではありませんので、もしご飯をおかわりしようと思うならペース配分には十分注意した方が良さそうです。

支払いは楽天ポイントで

僕らが今回濱かつを選んだポイントの一つには「楽天ポイントが使える」というものがありました。

楽天ポイントって、楽天で買い物をしたりすると貯まるアレです。
何気にマックやくら寿司でも貯まるし、ガソリンスタンドでも対応しているところがありますよね。

我が家では前回と前々回の海外旅行の際に「楽天トラベル」で申し込んでいたという経緯がありまして・・・そこそこの楽天ポイントが貯まっていたんです。

ただ楽天でのショッピングってあまり魅力を感じるものがありませんでしたので、なかなか使う機会がなかったんですね。
・・・まぁマクドナルドとかで普通に使えばいいだけなんですけど、なんか特別感もないし悔しいじゃないですかw

そこで、「初めてのお店にお試しで入る」という時に積極的に使うようにする・・・というのが正解かもなと。

レジにて「楽天ポイントを使えますか?」と尋ねたら無事使えるとのことでしたので・・・全額ポイントで食事をさせて頂きました。

おわりに

というわけで、とんかつ濱かつのレビューでした。

いやー・・・量は少し少な目というか、「普通」ってぐらいだったんですけど、本当に1,000円しないでこんな感じのとんかつがお店で食べられるもんなんですね。
すごい時代になったもんだぜ!

次回はとろろも試してみたいなー。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ