ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

マンガボックスの「完結」は決して完結してない件について

 - マンガ・アニメの感想 ,

      2018/12/11

mangabox-finish

マンガボックス、いつも楽しく読ませて頂いてます。

中でも楽しみにしていた「鳥籠の番(とりかごのつがい)」が終了してしまい、とても残念に感じています。

ただこの「完結!!」ってのがすごくひっかかる。

mangabox-finish2

もちろん読んでいる立場からすれば完結していないのはわかるんだけど、中途半端に終わらせておいて「完結!!」って・・・。
なにその”やり切った”感。

つい先日のアザゼルさんやオールアウトもそうでしたが、この「完結」は事実上「マンガボックス誌上での打ち切り」を意味しているというお話です。

スポンサーリンク

マンガボックスの「完結!!」に感じる違和感

マンガボックスは無料で漫画が読めるコミックアプリ。
いくつかある同様のアプリの中でも無料で読めるマンガ数が多かったり、とくにチケット制度でもなかったりするのでかなり重宝しています。

もう1年以上、僕の寝る前のお供として頑張ってくれていました。(ありがとうございます!)

そんな優良なアプリだからこそ、この「完結!!」という表現がなんとなく許せません。

今回の鳥籠の番は16話時点で完結扱いにされていて、
「マンガボックス連載はここまで!続きは単行本4巻でお楽しみください!」
とのことでした。

うーん、、、だったらこれ「打ち切り!!」ってタグが付いている方が気持ちよくないですか?

そもそもなぜ打ち切られるの?

僕がマンガボックスに対して持っている認識は「無料で優良な漫画が読めるアプリ」というもの。
そのうえで気に入った漫画があったらコミックを買えばいい・・・というスタンスなのかなと思っています。

特にオリジナルの漫画(天空侵犯とか、恋と嘘とか)はここでしか連載していないような物だし、連載自体がコミックスを販売する販促になるので、人気がある限りは打ち切りになる心配もないんでしょう。

問題はそれ以外の「他所で連載していた作品」たち。
他所のものをマンガボックスに持って来て連載が始まると、こういった打ち切りになるケースが多いですね。

これ、なんでなんでしょう。

予想でしかありませんが、最初っから打ち切り前提の「○話限定無料放出」なのかもしれません。
だとしたら最初っから「トライアルであること」を明記してほしいですね。

もしくは試しに載せてみたら反響が良かったから、「これ、ここで止めたらコミックス売れるんじゃね?」っていう知恵が働いたか。

※追記:最近のマンガボックスでは「〇巻分限定公開です」というのが冒頭に載るようになりました。
おかげで「いつかは打ち切られてしまう」という気持ちを持った状態で読めるようになり、溜飲が下がった感じですw

打ち切りが怪しい作品

というわけで、今(記事執筆時点)マンガボックスで連載しているもので打ち切りが怪しいヤツをまとめてみました。

  • リアルアカウント
  • 出口ゼロ
  • ムルシエラゴ
  • 囚人リク
  • それでも僕は君が好き
  • モンタージュ
  • ドメスティックな彼女

リアアカは、何とも言えないですね。
なんとなくトモダチゲームが打ち切られたからリアアカも怪しいなと思ったけど、続きそうといえば続きそうだし。

ムルシエラゴ~モンタージュまでは確実に打ち切られるんじゃないかと思うw
とくに「それでも僕は君が好き」はグッチ編終わったら終わるんじゃないかと。

久々に胸をえぐられる漫画に出会いました。【それでも僕は君が好き】

「ドメスティックな彼女」は常習犯だから、またすぐ終わる気がしますw

ただ悪の教典も一度打ち切られてから再連載して最後までやってくれたし、これもそうだといいな・・・ってぐらい。

他にも惡の華とかエンバンメイズも怪しいんですが、「悪の華」は残りもう10話ぐらいだし、最後までやってくれそう。
※ただ、鳥籠の番もあと最終1巻を残すのみ、といったところで終了してしまったので何ともいえないところ。

押見修造「惡の華」は最終回を読んだら必ずまた第一話から読みたくなる・・・!

「エンバンメイズ」は元は商業誌での連載だったけれどマンガボックスに移籍してきたものだから絶対に続きますね。

※追記:それでも僕は~、エンバンメイズ、惡の華は最終話まで掲載してくれました。
そしてドメ彼とリアアカは何気にずっと続いてくれてます。ありがたやありがたや。。

ジャンプ+の場合

ちなみに同じような打ち切り方をジャンプ+もやるんですが、

jump-plus-finish1

今回で言えば東京喰種が30話を以って打ち切りでした。

で、その表記は

jump-plus-finish2

「今回の更新はここまで!」

「完結!!」じゃない分、まだ気持ちいいですが、「じゃあ次回もあるの!?」って聞きたくなっちゃう言い分です。

※追記:次回もありましたw

おわりに

そもそもがタダで読ませて頂いている漫画なので偉そうなことは言っちゃダメなんですけどね。
なんとなく気持ち悪いぞ、って話でした。

ちなみにマンガボックスって、マガジン系列なのかと思っていたけれど、なかよしとかチャンピオン、ガンガンにアフタヌーン・・・って、結構幅が広い感じだったんですね。
そういえばマンガワンも小学館の漫画限定かと思ったらジャンプとかガンガンのヤツをやってたりするな・・・。

さらにいうとマンガワンオリジナルのコミックスがマンガボックスに出張連載することも。

集英社・小学館・講談社は全部同じ会社、みたいな話を昔聞いた覚えがありますが、そういうのが関係しているのかな?スクエニも???

そして今回見直してみて思ったんですが、いつの間にか終わっちゃってたってやつもありますね。
テンプリズムとか、いつから掲載しなくなったんだろう。

スポンサーリンク

  こちらの記事もおすすめ