ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

よくもだましたアアアア!群青のマグメル第16話、暗号は意味がなかった

 - 漫画 , ,

      2016/04/16

前回の投稿で、
「この暗号、あの5秒童話の作者だし、何かあるぞ」
みたいな感じで書きました。

が、

蓋を開けてみたらこれですよ。

meizerihu

「意味なんてないよ ただの名台詞さ」

・・・・。

よくも騙したアアアア!!!!

スポンサーリンク

つーか、
最後のは、書いてなかったじゃんw

そして「5秒童話」の名言そこでいいのかよ!!!

たしかに張元首はあれだけど。
それ、今見てみたら、第1話のほんと最初のとこじゃん。

goodbye_cyogenshu
たしかに、この作者さんって、トリック的なのも使うけれど、
こういう騙しもやるんですよね。

何者なんだ第年秒w

暗号は意味がなかったけれど、重要な事実が・・・

暗号については本当に
「よくも!」って感じなんですけど、

それよりも、「シュウイン」という名前が出てきました。

shuin

因を拾うと書いて、拾因(シュウイン)。

これはご主人の過去回想で出てきた「イン」と呼ばれていた人っぽいですね。
そして、ご主人のお師匠だったんですね。
※最後のコマの煽りより。

ご主人の名前が因又(インヨウ)だから、
なんかそのあたりも若干トリック臭いですよね。

子供の頃に「イン」「ヨウ」で呼び合ってたから、
それが下の名前だろうと思わせといて・・・みたいな。
自分で書いてて何がなんだかよくわからないけど。

でもね。

こういうことを書いてるとどうせまた
「よくも騙したアアアア!」
ってなるんですよ。

それはさておき、
ダーナの繭のラクトにどうやらインが関わってるっぽい事がわかりましたね。
今回の第16話のタイトルも「拾因の繭」だったし。

インと黒幕、聖国真類の関係が物語の鍵を握りそうです。

タイタンも出てきた

名前だけは出ていたエリンの一族のひとつ、タイタンが出てきました。

エリンの中でも特に強大な力を持っているそうです。

しかもご主人が「せめてラクターじゃないといいんだけど・・・」と願っているということは、
エリンにもラクターがいるってことなんですね~。

だんだん世界観が見えてきた感じです。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ