ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

ジャンプ公式連載中のワンピースパロディ「恋するワンピース」「コビー似の小日山」がそれぞれ違ってそれぞれ面白い!!

 - 漫画

      2018/10/04

今からちょうど10週前ぐらいのこと・・・ジャンプ+でスタートしたワンピースのスピンオフ漫画2作品があります。

一つは伊原大貴先生の「恋するワンピース」。
もう一つはなかまる先生の「コビー似の小日山」という作品。

これが絶妙に面白いんです。

どちらも、はっきり言って「ワンピースを知らなかったらクスリとも来ない」作品でしょう。
なのでワンピアンチにしてみたら全く面白くないと思います。

あくまでスピンオフなので、そこはもうターゲットがハッキリしている感じですね。
逆に原作のファンなら終始ニヤニヤしながら読めると思うし、僕なんかは読んでて吹き出しちゃうシーンがいくつかありましたw

もし普段からワンピースを読んでいる方で、未だジャンプ+のスピンオフを観ていないという方はチェックしてみてください。

少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted with アプリーチ

ジャンプ+はアプリからでもサクサク楽しめますし、PCのブラウザから見ることも可能です。
いずれにしろ記事執筆時点ではどちらも最新話(10話)まで無料で読むことができますよ!

以下、まだ観ていない人のための作品紹介です。

スポンサーリンク

ワンピスピンオフ2作品の紹介

この2作品、どちらも人気漫画ワンピースのスピンオフという点では一緒(かつギャグ漫画)なんですが・・・アプローチが全然違います。

「コビー似の小日山」はコビーにウリ二つな主人公「小日山くん」を中心に、周囲がボケ続ける・・・という内容。
当の小日山くんはワンピースを全く見ていないのか、周囲の「コビーいじり」に対して無頓着(というか噛み合わない)という構図になっています。

「コビーに似ている」というところがスタートになっている作品なので、当然キャラクターデザインも本家寄り。

画像はジャンプ+より

全体的にこんな感じの悪ふざけが延々続く内容で、ワンピースへのリスペクトを感じますw

一方「恋するワンピース」の方は、見た目は全然ワンピースらしさの欠片もありません。

主人公(?)の名前が「山本海賊王(ルフィと読むキラキラネームw)」で、ルフィ君に恋する小山菜美ちゃん、そしてワンピースに心酔している中津川嘘風(ウソップ)という登場人物たちが「海賊部」を立ち上げて・・・という内容で、タイトルと内容(そして名前)を見なかったら「ただの学園コメディ」だと思われるでしょう。

画像はジャンプ+より

ですが、作中のボケ担当(というか主人公という噂もw)ウソップのボケ方が前者よりも深くて、これまたワンピ愛を感じる作品。
どっちかというと「ワンピを小馬鹿にしてる感じ」があるんだけど、「好きじゃなきゃここまで書けないよね」って内容でもあるっていう。

しかもこっちはちゃんとツッコミ担当(ナミ)もいるしね。
正統派ギャグマンガって感じがして僕は大好きです。

前者が「みんなワンピースのことを知っていて悪ふざけしているのに、一人だけ知らないヤツがいる」っていう状況なのに対し、後者は「みんなワンピースのことは知ってるけど、一人だけおかしなヤツがいる」っていう状況。
同じワンピースをテーマにしたスピンオフ学園ギャグ漫画なのに、アプローチが違うから全然違う作品になっていて・・・両方読んで両方楽しい感じです。
ジャンプ+すげえ!

楽しみ方、ターゲットが違う二つの作品

これら作品のターゲットはまぎれもなく「ワンピファン」なんだけど、その楽しみ方はちょっと違う気がします。

「コビー似の~」は前述のとおり、「キャラクターが似ている」ということが前提になっているので、ビジュアル的にわかりやすいんですよね。

画像はジャンプ+より

主人公の小日山だけでなく、Mr.1にソックリな深須太一(みすたいち)とか、ヨサク似の与謝倉、マルコ似の丸越先輩など・・・とっつきやすいでしょう。

また、作中のギャグも「いらないねぇっ!ゴミだから」とか「バカな息子をそれでも愛そう」とか・・・準備運動しろと先生に言われて友人にゴムゴムの鐘を食らわせるとか、すっごくわかりやすい。

一方「恋する~」は”さるかに合戦”と聞いたウソップが

画像はジャンプ+より

蟹手のジャイロとか出してきちゃいますからね・・・。
※フランキーの鼻みたいなヤツが嘘風(ウソップ)くん。

ナミちゃんが「いいよ無理矢理かに側に架空キャラ作らなくても!」とツッコんでくれてます。
マジ、この子が読者の気持ちを代弁してくれてるから気持ちいいんだよなぁw

この話を読んだあとで蟹手のジャイロを検索した人、何人いただろうか・・・。

どっちもワンピが無ければ成立しない漫画だし、とっちもワンピが大好きっていう気持ちは作品に溢れ出ているんだけれど、前者はよりライトな層を、後者はよりコアな層をターゲットにしている感じですね。

その作風のせいか、前者はボケ続ける作中のキャラに対して読者が心の中でツッコむ・・・いや、ニヤニヤしながら見るだけなんですが、後者はとにかくナミちゃんがウソップにツッコミまくってくれるので、そのやり取りを見て楽しむ・・・といった楽しみ方の違いもあるのかもしれません。

おわりに

というわけで、面白いワンピスピンオフ2作品の紹介でした。

ワンピ原作者の尾田っちも絶賛しているとかしていないとか・・・どちらも今後どこまで続けられるのかが楽しみですね。

とにかく僕はいま、これら作品の更新が週一の楽しみのひとつになってます。

少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted with アプリーチ
スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ