ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジン

「可哀想にね、元気くん」本当に元気くんが可哀想なままの最終回を迎える

 -

   

画僧は「可愛そうにね、元気くん」より

ヤングジャンプで連載されていた倒錯ラブロマンス「可愛そうにね、元気くん」が2020年のクリスマス・イブを以って最終回を迎えました。

僕もアプリの方のヤンジャンでこっそり楽しませて頂いてたんですが・・・本当に「可愛そうにね、元気くん」っていうタイトルまんまの終わり方だったなぁ・・・!!

アプリのコメ欄で「毎週苦しむためにお金を払っている」みたいなことを書いている人がいましたが、たしかに最後の最後までそんな感じだったかとw

でもこれで苦しみから解放される反面、なんだかあの切ない三角関係ともお別れなのかと思うと寂しいような・・・そんな感じもありますね。
・・・っていうか、すごく最後ギュっと畳まれちゃって・・・「あとは読者の想像にお任せしますわー」みたいな感が強くて、、、もっと読みたかった!!!

そんな「可哀想にね、元気くん」の最終回を読んだ感想です・・・。

スポンサーリンク

元気くんってこんな漫画

「可愛そうにね、元気くん」は性的倒錯ラブロマンスなんていうジャンルにされていますが、要は「普通じゃない愛し方、愛され方で欲求が満たされる男女」の日常と葛藤を描いた漫画でした。

ただ、それが本人の望む形でそうなっているというよりは、育っていく環境において自然と、自分の身を守る手段として根付いてしまった性癖のような感じになっていて・・・読者としては気持ちをシンクロしがちな主人公(=廣田元気くん)の苦しみと毎週向き合っていかなければならない、苦行のような漫画だったわけですよ。

あー・・・ここまで書いてて遠まわしすぎて自分でもよくわからないので・・・あれだ、みんな無料配信されてる1巻とかを読んだらいい。
そして苦しみながらも「ぐああ・・・続きが気になる、、、」となればいい。

(最終的には切なさすぎて胸キュンしてしまえばいい)

最終回の感想をネタバレしない感じで言うと・・・

そんな元気くんの最終回はあっさりしていて、前述したとおり作者先生的にも「みなまで言うまい・・・あとは読者が想像せい」っていう感じだったのかなと。
まぁその他の漫画もだいたい最終回ってそういう感じなので、それがスマートなのかもしれませんが・・・。

なんていうか、「結局みんな不幸なまんま・・・?」みたいな。

いや、八千緑さんだけはあんな感じでほわほわしたまま幸せになれたのかな。

守ちゃんは・・・描かれてはいなかったけど、まぁ自ら幸せをつかみ取りに行ける子ですよ。

元気くんだけなんか・・・可愛そうな感じだったかなぁ。

一応「新しい人生」を歩み始めていて、普通を演じてはいるのだけれども。
それでも性癖が「普通」になったわけではなく、それを抑えながら、隠しながら生きているわけで。

読者としては「可愛そうな元気くん」がなんだかんだ「それを受け入れてくれる女性と幸せになれる」・・・っていう展開を期待してたんじゃないかと思うんです。(少なくとも僕はそうだった)

でもそこまでは描かれていなかったのでね・・・。

最後の最後に守ちゃんのセリフで「可愛そうにね、元気くん」っていう「タイトル回収キターーーーー!!」ってのがあったけど、もう作中ずーっと元気くんは可哀想なままだったからなぁw

元気くんは本当に可愛そうだったのか?

でもまぁ・・・どうなんだろう?
最終回の前には八千緑さんが元気くんに「気持ち悪い」としつつも、

きっと 生きてておかしくならない人なんて居ないよ

という言葉をくれて。
なんとなく元気くんも読者も救われたんじゃないかな~?なんて思ったり。

結局元気くんも、元気くんの同人誌を読んでいた読者も、この漫画を読んでいる僕らも、この漫画を描いている古宮海先生も・・・みんなある種変態なんですよ。
それを大っぴらにしてしまえば好奇の目にさらされてしまってすごく生きづらいことになってしまう。

だけど、こういう人に言えない変態的な部分というのは誰しも(ベクトルは違えど)持っているもので、それを認めてくれる人が一人でもいたというのは・・・実は可哀想なことではなかったんじゃないかなぁ・・・?

逆にいうと、守ちゃんとか励一くんとかの方がずっと可愛そうなのかもしれない。
(というか八千緑さん以外全員可愛そうなんじゃーーー!!)

おわりに

というわけで、「可愛そうにね、元気くん」が終わってしまったよ!というお話でした。
(終わってしまった興奮そのままに書きなぐってしまってスマン)

なんかヤンジャンはこの手の「ぐぬぬぬ・・・」って胸を締め付けられる漫画が多い気がしますね、、、

毎週とても楽しみな漫画で、面白かったです。
作者先生はお疲れ様でした!(次回作にも期待)

願わくば・・・飼うとか飼われるとか、暴力とかそういうのを抜きにした彼らのifストーリーが観てみたいな~。
それぐらい魅力的なキャラクターたちだったかも。

元気くん(と守ちゃん)・・・どうにか幸せになってくれい!!

   

 -

   

スポンサーリンク