ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

マクドナルドのモバイルオーダーを試してきました!良かった点、注意点、ついでにぜんアツ!ダブチのレビューなど

年明けぐらいからずっと気になっていた「アツッ!」っていうシリーズ。
あれを試したくて試したくて・・・ずっと妻に「マックいこうよ~」と言っていたのですが、それがようやく叶いまして。

そこそこ近所に新しくできたマックへ行くことになったのです。

そこで話題のモバイルオーダー、試してきましたよ~!!

今回モバイルオーダーを使ってみて、良かったところ、改善の余地ありなところ等ありましたので以下の体験談を参考にしてもらえると幸いです。

スポンサーリンク

ワクワクしながらモバイルオーダー

念願のマックに行けることになった僕は、ワクワクしながらクーポンアプリを立ち上げました。
すると・・・「モバイルオーダー」の文字が視界に飛び込んできます。

ああそうだ、たしかにそんな面白いサービスが始まったんだった!

早速モバイルオーダー用のアプリをダウンロードして、家にいながらサクサクと注文を進めました。

まずは受け取り店舗の選択から。
なぜかGPSが効いてなかったようで(?)、周辺の店舗に銀座やら丸の内やらが表示されてビビる僕。
・・・都会って苦手なんスよ・・・。

もしやまだ都内でしかサービス展開してないん??と不安になりましたが、アプリの画面をよく見ると「その他の店舗で注文する」とありますのでそこから近くの店舗を探します。

このモバイルオーダーアプリ、マックのクーポンアプリも兼ねているようで・・・その日のクーポンもここから探せるのでとても便利です。

オーダーしたい商品を選んで・・・(なぜかてりやきチキンフィレオは英語表記だった、、、)

「注文を決定する」ボタンを押す。

この時点では注文が確定しておらず、

オーダーしたお店に着いたら「店舗に到着」をタップして注文確定・・・という仕組み。

もちろん家でオーダーなどせず、店についてから先に席を確保し、そこで注文するというのも可です。

店舗についたら「カウンターで受け取る」「席までスタッフがお届け」のいずれかを選択。
※お届けサービスは対象外の店舗もあるとのこと。

僕らはなんだか初めての体験にワクワクしており、届けてもらうことにしました。

座席にあるモバイルオーダー用の番号を確認し・・・

アプリでその番号を入力するだけ。

待つこと2~3分・・・

はい、届きました~!!!

すっご!
このシステムすっご!

もはやファストフードじゃないやん。
時代を遡ってしまってるやん。

絶対破綻するわこのサービス・・・。

モバイルオーダーの良かった点、注意点

さてさて、今回初めて使ってみたモバイルオーダーですが、やっぱり便利だなと感じたのが一番良かった点です。

マクドナルドってお昼時なんかはレジの前にずら~~~~っと列を作ってたりするじゃないですか。
で、行列に並ぶのが大嫌いな僕としては、あれがなくなっただけでもすごくありがたいのです。

特に普段は妻に並んでもらって、僕が席を確保する・・・みたいな役割分担をしてたりするのですが、モバイルオーダーのおかげで「家族全員が席で待っていられる」わけですからね。

あとはレジ前でメニューとにらめっこしながら、後ろのお客さんからの「早くしろよ」的なプレッシャーを喰らうことがなくなったのも良かったです。

マクドナルドの会員登録が必要

一方注意点というか、初回の手間として・・・マクドナルドの会員登録が必要ということが挙げられます。

僕はマクドナルドでWiFiを使うことがたびたびあったので、その時に必要だったため会員登録が済んでいましたが、登録していない人にしてみたらちょっと面倒というか・・・「使ってみようかな」っていうハードルが少しだけ上がりそうですねw

支払いはクレカのみ

対面で支払いをする時は現金やタッチペイ、各種ポイントなどが使えるマクドナルドの決済ですが、モバイルオーダーではクレカのみが対応しています。

しかも事前にアプリ上で設定しておかないと、結局お店についてからオーダーするまでにすごくモタついてしまって「並んだ方が早かったわー」なんて事態にもなり兼ねません。

ただこれも一度設定しておけば良いだけなので、次回以降も使うのであれば特に問題はなさそうです。
ちなみにアプリ上の設定画面より3枚までの登録が可能となっていました。

楽天ポイント、dポイントが貯まらない

僕にとって一番残念だったのがこれです。
普段マクドナルドを利用する時にコツコツ貯めていた楽天ポイントがモバイルオーダーアプリからは貯められませんでした。

マクドナルドの公式アプリだとポイントの連携が出来ているわけですから、モバイルオーダーアプリでも行けると思うんですけどね。
もしかしててりやきチキンフィレオが英語だったのを思うに、これって海外で使ってたアプリをそのまま日本に持ってきただけとか、そういうことでしょうか。

この辺はアプリのアップデートなどでそのうち対応して貰えるのかな~?

ケチャップが貰えない

マクドナルドに行くと必ずケチャップを貰っているという人も少なくないと思います。
かくいう我が家も(特に息子が)マックのケチャップ党でして、絶対にこれが欲しいのです。

でもこれって正式なメニューとして存在しているわけではなく、当然モバイルオーダーアプリにもその項はありませんでした。

結局席まで持ってきてもらったあとで、カウンターに行き「ケチャップいただけますか」という手間が発生してしまいました。

まぁ、これに関しては「席まで~」を選択しないで、カウンターまで取りに行き、そのタイミングで言うのが正解かもしれませんね。

レシートも貰えない

レシートなぞ必要ない!という方も多いだろうとは思いますが・・・中にはレシートを必要としている家庭もあるんですよ。
我が家ではこれをクレカの清算用に使っています。

モバイルオーダーだとレシートを貰う事ができませんので、自分で価格等を覚えておかなければならないのです。

ただ、その代わりに

登録したメールアドレスに、Eメールでのレシートが送られてきます。
なので「紙で必要な人はこれを印刷するヨロシ」という感じなのでしょう!(全然いいよ!)

ファストフードらしくない

僕としては今回のサービスですごく引っかかっていることがありまして・・・それは「これ、ファストフードがやること??」っていうことです。

というのも最近、映画「ファウンダー」を見たばかりというのにも影響されております。

マクドナルドの根底にあるのって、無駄を省いてシステマチックに、そして安価に美味しい食事を提供できるサービスだったわけじゃないですか。

それが「席まで届ける」みたいなのがデフォルトになっちゃうと、1950年代当時にローラースケートを履いて食事を車まで運んでいたというアメグラの世界のようなダイナーに逆戻りしてしまうのでは??というのが不安なのです。

うんと、もっと平たく言うと、、、「これってユーザーがマクドナルドに望んだ形なのだろうか??」という感じですかね。
たしかに僕も列に並ばずに済むようになったのは良かったとは思ったけれど、どうしても必要なサービスだったとは言い難いのかな~??と。

僕らとしては今までのクオリティ、サービス、クリンリネスに不満があったわけではなく、そこにバリューも感じていたと思うので、今回のサービスがお店側の負担になってしまって何かが欠けてしまうようなことがあると、それが一番問題なんじゃないかと思うのです。

でもあれかな。ゆくゆくはレジに割く人材が少なくなれば、お店側の負担にもならなくなっていくんでしょうか。(行く末を見守るしかない!)

ねんがんの ぜんアツ!ダブチ をてにいれた

さてさてせっかくなので、念願のぜんアツ!ダブチ・・・こちらのレビューもさせて頂こうかなと思います!

これね、2020年のお正月ぐらいから段階的に始まっていたマックの新メニューですよ。

なんか29日からというキャンペーン開始日を見るに、ロッテリアのアレを意識したんじゃないかと思わないこともない・・・そんなアイテムです。

モノホンはこちら!
「マックの広告写真は誇大表示である」ということを覚悟して臨みましたが・・・まぁ、悪くないんじゃない!?

手に持ったらずっしりで、なかなか食べ応えがありそうな感じ。

というか、パティのボリュームとかよりも厚切りベーコンの存在感が気になりますよねえ。

ですが実際に食べて見ると、たしかにベーコンの味わいがかなり主張してくる感はあったものの・・・思った以上にチーズ&パティのパンチが強い感じはありました。

クオリティといった部分でいうと、当然「マッククオリティ」なんですけど、あのハンバーガーを最上級の楽しみ方で・・・と考えたらここに行きつくんだろうなという感じがして僕は面白かったです。

次回はライスバーガーがついにスタートするらしいですが、僕としてはマックにはこっちの方向で突き抜けて欲しいなーなんて思ったり。

おわりに

というわけで!マクドナルドのモバイルオーダーアプリを使ってみたよ!というお話でした。

総合的な感想でいうと、まぁやっぱり便利だし面白かった・・・ってところかな!
かなりワクワクさせられましたし、やっぱりこういう革新的なことっていうのはマクドナルドじゃなきゃできないだろうなと。

最近バーガーキングが縦読みで喧嘩を売ったり、ワッパーの裏にビッグマックを隠して撮影したり・・・みたいなことをやっていましたが、結局のところそういう”かまってちゃん”的なプロモーションをしてしまうのは「王者ではないから」なんですよね。
※ぼくは日本のファストフードではバーガーキングが一番好きなので・・・あんまりそういうのやらないで欲しいんだよなぁw

今回のモバイルオーダーも、「マクドナルドのハンバーガー」を崩さずに戦った”ぜんアツ!ダブチ”も、王者としてブレないスタンスだったのかなーとは思います。
サービスが続くかどうかは別として。

それゆえに、ライスバーガーは非常に不安にさせられるところですな!
いずれにしろ楽しみです!!

   

 - ,

      2020/05/04

スポンサーリンク

Comment

  1. ロードランナーK.K. より:

    おっつーーでふ
    このサービスは気になってたよー🍔
    支払いはいまだクレカですけど🍔
    仰る通り、過剰サービスしちゃあファストフードじゃないですよね🍔
    店員さんも少し愛想悪い位が丁度いいかと🍔🍔
    それよりもマックさんはバーガーの仕上げをもう少しチキンと、もとい、キチンとやっておくれ🍔🍔
    食べようとして、包装紙めくると事故にでも遭ったように中身が飛び出しちゃってるぜい🍔
    でもね、、まいうーだから許す🍔🍔🍔
    あとね、俺のバーガーだけピクルス抜いてくれないかな🍔🍔🍔
    最近サイドメニューが魅力的なので、奥様や子達に味見させてバーガー、佐世保バーガー🍔🍔🍔🍔
    あぁ~、バーガーキングこちらにも出店しておくれ🍔

    • kaketayo より:

      ロードランナーK.K.さん

      コメントありがとうございます!

      僕もマイルを貯めたくて支払いはガンガンクレカになっていってます。
      それにしても楽天ポイント(またはdポイント)が貯まらないのが地味に痛いでっすw

      >バーガーの仕上げを

      そうですねえ~。
      やっぱりいくらファストフードとはいえ、商品のクオリティを一定から落とされるのは顧客が離れる要因になるかと。
      一度、ビッグマックにパティが1枚しかなかった時は本当に絶望しましたし、、、

      >ピクルス抜いてくれないかな

      ピクルスの抜き方は、2003年のM-1グランプリにおける2丁拳銃さんのネタを参考にすれば抜いてもらえるかと!!

      >サイドメニューが魅力的なので

      ちょまてよ!ってCMでキムタクさんも言ってましたねw

      >バーガーキング

      うちの方も、一番近くにあったバーガーキングが数年前に閉店しまして、それ以降は結構疎遠なのです。。。
      マジ、マック叩いてる暇があったら店舗数増やしてくれよ。。。