ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

ジャンプ+でマサルとジャガーのコラボ漫画「ピューと吹く!すごいよ武士沢」

 - マンガ・アニメの感想 ,

   

ジャンプ+をいつも楽しく読ませて頂いてます。

楽しみにしている漫画の1つに、
あのうすた京介先生の最新作、「フードファイター タベル」があります。

大食いフードファイターをテーマに、
うすたワールド全快のニヤニヤしちゃうギャグマンガです。

その「フードファイター タベル」がついにコミックス化することになり、
1巻発売を記念してジャンプ+で特別企画が行われていました。

それがなんと、ジャガーさんとマサルさん(と武士沢)のコラボ漫画でした!

スポンサーリンク

ピューと吹くすごいよ武士沢

pyutohuku_sugoiyo_bushizawa1

タイトルはもう全部混ぜただけなんだけど、
「あ、コラボなんだな!」ってわかりますね。

内容はジャガー×ピヨ彦と、マサル×ふーみんが電車で乗り合わせて・・・って聞いただけで胸熱じゃないですかw

「すごいよ!マサルさん」が連載されてた当時は、「最近のギャグ漫画にはこんなハチャメチャなヤツいるのか・・・」って思ってたけど、
「ピューと吹くジャガー」が始まってからは、マサルとはまた次元の違うぶっ飛んだヤツが出てきたと思ったものです。

その2人が電車で鉢合わせたら・・・夢の競演じゃないですかこれ!

マサルはマサルらしく、ジャガーはジャガーらしく

pyutohuku_sugoiyo_bushizawa2

僕が感動したのは、作中での非常識人の代表だった2人が、
それぞれの個性を出しながら地味なボケをしていたところw

マサルさんのボケはマサルさんっぽいんです。
宇宙人的なボケ。

それに対してジャガーさんのボケはやっぱりジャガーさんっぽいんです。
超人的なボケなんです。

同じ非常識人2人を並べても、ボケの質にこういう差が出るのかー!と、懐かし嬉しい感じになりました。

ちなみに、ツッコミ担当の2人はほとんど見分けがつかなかったです。

おわりに

というわけで、たぶん今しか見られない特別企画でした。
マサルさんからうすた作品が大好きだった僕としてはたまらないお年玉でした。

ちなみに発売中の少年ジャンプ5・6合併号で
歴代うすたキャラ満載の書き下ろしミニ漫画が掲載されているそうです。

まだイマイチキャラが掴めないタベルさんも絡んでいるのかなぁ。
これは、見たいような見たくないようなw

追記

武士沢レシーブはもうほとんど思い出せない・・・最後が年表で終わったみたいな印象しかない。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ