ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語を観た感想。個人的には大好きだけどファンディスクだこれ

 - 映画・アニメ , ,

   

今年の頭にAmazonプライムにて魔法少女まどか☆マギカを全話観る機会を得ました。
2011年のアニメだったので、実に6年の時を経てようやく観ることができたんですが、これが物凄く面白かったわけです。

で、正式な続編があるのなら観たいよこれ・・・って思ってたところ、映画版があることを知ったんですね。
しかも、その映画版・・・先日、AbemaTVで放送されました。

こりゃ観ないわけにいかないぞ、と。
嫁ハンがテレビを見ている隣でiPadにイヤホンを挿してどっぷり没入させて頂きました。

映画の感想ですが、個人的には面白かったです。
テレビ版が面白かった人は観ても損がないんじゃないかといった感じ。

逆にテレビ版を観ていない人は絶対に観ちゃダメな感じですねw

といったわけで、ダラダラ感想を書いていきます。

スポンサーリンク

まどか☆マギカ[新編]を観終わった感想

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語は2013年に公開された完全新作となるまどか☆マギカの続編です。

テレビ版の設定を知っているからこそ没入できるような内容になっており、「なんか面白い映画があるらしいよ!」のノリで見に行くとなんのこっちゃわからないことになります。

余談ですが、僕はエヴァの本編を観る前に映画版「Air / まごころを、君に」を観てしまい、全く何が何やらわからなかったという過去がありますw
ミーハー心を出して飛びついちゃダメなものがあるんだなと勉強しました。
※その後、全編観てからもう一度見直しましたw

なので、この映画はどちらかというと「ファンディスク」的な評価しかできないんじゃないかなと思いました。
要するに面白い、面白くないという評価を一般目線でできるハズがなく、あくまで「テレビ版を観てファンになった人」に対してのオマケ的な立ち位置にあるという印象です。

5人の魔法少女が揃う嬉しさ

なぜそう感じるのかというと、僕はこの劇場版新編において5人の魔法少女たちが揃って和気あいあいとするシーンを観た時に「これこれ!これが観たかった!!!」と思ったからです。

テレビ版を観ていない人からしてみたら、このシーンがどれだけ貴重なのかわけがわからないわけですよ。

ほむほむが気弱な眼鏡バージョンで参戦しているあたりとか、べべのフルーツバスケット風魔法で敵を倒すシーンとか・・・「魔法少女ってこういうのだよね!」というファンへの一時の安心感を与えてくれる内容。

もう、このまま2時間過ぎ去ってくれ・・・とどれだけ願ったことか。
※そうなってたらマジで単なるファンディスクだったけども。

そんな気持ちにさせてもらえるのは、やっぱりテレビ版で彼女たちの絶望を観ているからだと思うんですね。

何度目の絶望なんだこれ

テレビ版の時のような衝撃的な”視聴者への裏切り”がこの作品にも潜んでおり、これもファン向けだなと思いました。

というのも、テレビ版を観ているからこそ、前半の展開が「あ、これifストーリーなのね」と感じる造りになっているわけですよ。
だって、テレビ版のあの終わり方を観ていれば、まさかその後の世界がこんな風になっているわけがないんですから。

テレビ版の最後で昇天しちゃったあの人も、テレビ版の冒頭でマミられちゃったあの人も、みーんないるわけだし。

で、これがifストーリーじゃなく、本当に「あの世界の続き」だったことを知った時のあの衝撃。
クッソ、この作品の制作陣はなんど僕らに絶望を叩きつけるんだ!!!

ほむほむを許してあげて

テレビ版においてほむほむが戦ってきた世界を知っている僕らからすると、「もうやめてあげて」と目を覆いたくなるのがほむほむの魔女化からの堕天。
特にこの断頭された魔女姿なんて・・・もう観てられなかったです。

制作陣はほむほむに何の恨みがあるんや・・・。

結局最後の最後まで救われなかったしね。
絶対にさらなる続編はないだろうしね・・・。

「劇場版新編だけを観た」と言う人は少ないだろうけれど、この子、とても頑張り屋さんだったんだからね!ということを知っておいて欲しいところです。

他にもファン向けのネタ満載

劇場版新編を観ていて思ったのは、いわゆる「内輪ネタ」が満載だったなと。
別にスルーすることもできるんだけど、「わけがわからないよー!」を合唱しちゃうシーンとか、きゅうべぇがボロッボロにボコされてるシーンとか・・・テレビ版を知っている人ならニヤリとできる内容が多かったと思うと、ファンとファン以外の体感的な面白さの差がかなりあるんじゃないかなと。

おわりに

というわけで、よくもわるくも「ファン向け作品」といった印象の強かった劇場版新編の感想でした。

劇場版が2013年に公開されて4年近くが経とうとしていますが、未だに続編の話が出ないことを考えても、まどか☆マギカはここで終わったんだろうなと思った方がいいんでしょうね。

というか、続編が出たとしても絶対にハッピーエンドにはならないだろうし、「ほむほむとまどかのぶつかり合いなんて誰が観たいねん!」ってとこだろうし・・・結局またファンが辛くなるだけですもんね。

何はともあれ、今回僕は運よくAbemaTVの放送時間で観ることができましたが、テレビ版でファンになった人にはおすすめの作品であることには違いありません。
マジで。前半だけでも観ておく価値はあると思います。

観終わって僕が願うことは、公式でのifストーリーが出ないかな~と言ったところです。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です