ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

その着せ替え人形(ビスク・ドール)は恋をする を読んだ感想。明るくてポジティブなギャルに癒される胸キュン漫画

その着せ替え人形は恋をする 5巻より

連日、胸キュンコミックスを探し求めている「妖怪胸キュンオバケ」です。どうもこんにちは。

WEBコミックの台頭で、昔に比べて漫画の価値といいますか、導入ハードルが低くなっていることもあり・・・本当に大量の漫画が世に溢れています。
そんな中から自分のお気に入りの漫画を見つけるのってすごく難しくて、「これ!」という作品に出会えた人は本当にラッキーなんだろうなと思うのです。

・・・出会えちゃったよ。

またしても僕、出会えちゃいました。
ものすごい胸キュンな漫画に。

その名も・・・「その着せ替え人形(ビスク・ドール)は恋をする」です。

とりあえず試し読みだけでもいい・・・試し読みだけでもいいから、
「なんですって?」まででもいいから、みんな見ておくれ。

↑ちなみに作者の福田晋一先生が1話分をまるまるツイートしてくれてます。

マジ面白いから一瞬で観れちゃうよ!126話しかないから!!

スポンサーリンク

その着せ替え人形は恋をするの見どころ

「その着せ替え人形は恋をする」はヤングガンガンで2018年から連載中のラブコメです。
内容は、「ひな人形のことしか頭になかったボッチの主人公 五条君が高校で底抜けに明るいギャル 喜多川海夢(まりん)に出会い、コスプレを通じて色々目覚めていく」って感じのもの。

もう、とにかく明るくていい子なまりんに触れて、どんどん自分を肯定していけるようになる五条君、この二人を応援したくてたまらない気持ちになってどんどん読み進めていってしまうことうけあいです。

とにかくまりん

この作品の魅力は、何と言ってもとにかくヒロインのまりんちゃんですね。
明るくてポジティブで、アニメやゲームが好きっていう気持ちへの芯が通っていて可愛い!!

・・・こんないい子が近くにいたら全員幸せになっちゃうんじゃないかって思います。

まぁ、漫画だからこそ成せる技なんですけどもw

なんか最近の漫画ってこういう「いいギャル」を登場させるものがいくつかありますよね。
ていうかこういう漫画のおかげで、もう最近は「ギャル=実はめっちゃいい子」っていう定義が出来てるんじゃないかって思っちゃう。

でも、その中でもズバ抜けて「いいギャル」なのです。まりんちゃんは。

ジュジュ様との初邂逅が素晴らしかった

いいギャルエピソードは作中にいっぱいあるんだけど、僕が一番印象的だったのは3巻第17話。

憧れのレイヤーさんであるジュジュ様と初めて対面したまりんちゃんは興奮して愛情表現を炸裂させてしまうのですが、ジュジュ様に迷惑そうにあしらわれます。
で・・・普通だったらちょっと落ち込んだりするようなシーンだと思うんですよ。

でもまりんちゃんの反応は

目デカっ!
めっちゃカワイ~~~~っ♡♡

っていうw
自分がdisられたことよりも、ジュジュ様が可愛いことの方がまりんちゃんの中で上回ってたんですね~。

これ、ジュジュ様はちょっと「聞けよ」みたいな感じで怒ってたけども、きっと読者は全員癒されたことでしょう。

あとその話の最後に一緒にコスプレの撮影をさせてほしいとお願いして、秒で断られた時のまりんちゃんが「ぶわははは食い気味に拒否られたんだけど!」と大爆笑するシーンもすごかった。
普通自分が拒否られたことを自分で大爆笑できる!?
僕は一瞬目を疑いましたよ・・・。

ギャルってこんなに明るいんだっけか。
いいなぁギャル。こんなんだったら一家に一人欲しいわ、、、(家が明るくなりそう)

まりんが恋に落ちるシーンの絶妙さ

そんなまりんちゃん、作中の結構序盤で某氏に恋に落ちることになります。

まぁ、主人公の五条君なんだけど(ネタバレ)。

他の漫画だともうちょっと自分の気持ちに気づく部分とかをモヤッと書きそうなところなのに、ギャルゆえか「スパーン!!」と恋に落ちたことを認めるんですね。
※ただまぁ、普段はポジティブに何でも言っちゃう感じのまりんちゃんがドキドキもじもじしてるっていう落差がまたたまらないわけなのですが。

その恋に落ちる瞬間っていうのが、すごくロジカルというか・・・絶妙な感じに描かれていて、涙がでそうになりました。

あの、本当にネタバレなんだけど、1巻の第7話で五条君が

俺にとって『奇麗』は…特別なものに対する言葉になって…心から思った時でないと言えないと言いますか…

というセリフがありまして。
読者はみんなここで「ははーーーん」って思うわけですよ。

まりんちゃんのコスプレを見て、五条君が「キレイ」つって恋に落ちるわけね?って。

で、まぁ・・・その通りになる(2巻14話)んですけどw
そこの描写がなんとも言えない鳥肌ものっていうか。
そこまでに至る過程が良かったと言いますか・・・。

とにかく絶妙なのであります。
もう、作者先生のセンスだよこれは!

・・・あれだ、とりあえず2巻までは「試し読み可」にすべきですよ。
もうそこまで読んだら絶対にあとには引けないから、、、

ちゃんと女性目線のラブコメ?

ちなみに作者の福田晋一先生って女性さんらしくて。

よく言われるラブコメの設定で「男性作者だと、冴えない男になぜか女が一目惚れする」というのがあって、女性読者にはウケにくいものがあるじゃないですか。
この作品はその辺を見事にクリアしていると思うのです。

五条君も例外なく、登場するヒロインにはことごとくモテるわけなんですけど、そういう状況になるための理由付けがしっかりとされていました。

たとえばまりんちゃんも最初は五条君のことなんて全く恋愛対象としては見ていなかったわけなんですよ。
でも彼が真摯にコスプレやアニメ作品に向き合うことや、それができる生い立ちというのがしっかりと用意されていて、「これなら惚れるよね。仕方ないよね。」って感じになっているんです。

・・・まぁ、男目線でしか見てないので、実際に女性が見てどう思っているのかはわからんけどw

そういうカラクリもあって、読者としては「まりんちゃんも五条君も幸せになってくれ!」と二人を応援したくなるわけなのであります。
(もちろんジュジュ様も心寿ちゃんも)

誰も嫌なヤツがいない(今のところ)

ラブコメとかって、作品のスパイスとして嫌なヤツが登場するじゃないですか。
むやみに主人公を傷つけてきたりして、それをヒロインがかばうことでキュンキュンする・・・みたいな。

この作品は今のところ・・・そういう存在がいない優しい世界で成り立ってます。

一応冒頭で五条君を否定する女の子(従姉妹のお姉ちゃん?)や、まりんちゃんを口説こうとしてアニメ作品を否定したチャラ男が出てきますが・・・物語に大きく絡んでくる子たちはみーーーーーーーーーんないい子なの。

そういうところもこの作品の魅力だと思うんですよね。
読んでて嫌な感じに胸が締め付けられることがない、っていうか。

ほら、主人公やヒロインが傷つけられたりすると、作品にどっぷりハマりこんじゃう僕みたいな読者は一緒に傷ついてしまうじゃないですか。

五条君と心寿ちゃんがこっそり二人で会ってたことにまりんちゃんが嫉妬してソウルジェムが黒く濁りそうになる・・・みたいなのはありましたけども、、、やっぱり持ち前の明るさで可愛く乗り切っていましたし、そのシーンを読んだ僕ら読者はみんなエビス顔になっていましたので。

とにかくテンポが良い

あとはこの作品の魅力として感じる部分に「テンポ」も挙げられるかな。

上にも書いたとおり、まりんちゃんが恋に落ちる、それを認めるところとかも本当に小気味良い感じなんですね。
自分の気持ちに気づいて「しゅきしゅきしゅきー(原文ママ)」ってなっちゃうところとか。今までのヒロインでこんな子いた!?

もちろん逆に、終わりの終わりまで自分の気持ちに気づけなくて悶々とするヒロインっていうのもいいんだけど、この作品においてはこれが正解なんだろうなーと。

それから、ちょいちょい挟み込まれるギャグシーンのテンポも素晴らしいんです。

第一話の「なんですって?」も絶妙だったでしょ!?w
あんな感じのがところどころにありますからね・・・。

個人的には3巻19話でまりんちゃんが作ったオムライスに対する五条君の感想とかたまらんかった・・・。

魔法少女「フラワープリンセス烈!!」が観たいw

あと本編とは直接関係ないんだけど、作中作として登場する「フラワープリンセス烈!!」っていうアニメ作品があるんですよ。
なんかこれがまた凝ってるというか、、、スピンオフで作品作れちゃうんじゃない??ってぐらいの濃さでw

まどマギ要素を持ったプリキュアみたいな感じなのかなぁ・・・?
すっごい気になる作品になっているのです。

主人公プリンセスデイジーことミライのライバル、プリンセスリリィだった二階堂シオン。
シオンたんは敵のブラックロベリアが「『幼馴染の男友達二人が付き合っていた』という事実にフラワージュエルが濁ってしまったおねーたま、ネオンである」という事実を知り闇落ちし、ブラックリリィとなる・・・。

こんなん普通に観たいわ、、、

しかもキュゥべえみたいな性悪ウサギなんかも出てきてて・・・キャラ立ってんだよなぁ。
「とっとと失せろなのです!」とかアニメで聴きたいw

おわりに

というわけで・・・「その着せ替え人形は恋をする」の紹介でした。

もう、とにかく明るくてかわいいまりんちゃんに癒されるためだけにでも読んでみてほしいです。
本当に尊いから。

あと、作品が終わるまでには僕らもギャル語をマスターできるようになってると思うから。
(好きな人=しゅきぴ とか初めて知ったわw)

一応今後はラブコメの王道として、「好き同士がお互いの気持ちに気づけずモヤモヤする」っていう展開を辿るんですかね~?
彼らはまだ高校1年生だし、まだまだまだまだ色々やれそうだなー。楽しみ!!

追記

いいスライム・・・じゃなかった、いいギャルが登場する他の漫画としては・・・

「道産子ギャルはなまらめんこい」とか、

やんちゃギャルの安城さん」とかもオススメ!

「こんなギャル、実際にはいない」とか言っちゃだめ!絶対。

   

 -

      2020/06/20

スポンサーリンク